コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーガー・ハーン アーガー・ハーン Āghā Khān

2件 の用語解説(アーガー・ハーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーガー・ハーン
アーガー・ハーン
Āghā Khān

イスラム,アサッシン派イマーム (教主) の称号。 1840年イランカージャール朝宮廷内の紛争のためシンドに逃れたハサン・アリー・シャー (?~1881) が初代。以後ムンバイ (ボンベイ) を本拠にインド,イラン,中央アジアシリア東アフリカの同教徒の指導者として活動。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典の解説

アーガー・ハーン
Āghā Khān


1877.11.2 - 1957.7.11
インドのイスラム教ホジャ派指導者。
元・国際連盟インド代表,元・国際連盟会議議長。
カラチ生まれ。
本名スルターン・ムハンマド・シャー。
イスラムホジャ派の長アーガー・ハーン一世の孫としてカラチに生まれ、8歳で宗主となる。1906年全インド・ムスリム連盟創設に参画し、’07〜14年同連盟議長を務める。親英的立場を貫き、インドの将来は「自治領の地位」にあると説いた。’30、’31年ロンドン円卓会議のインド代表の一人となり、’37年にインド人として初めて国際連盟議長に選出された。ジュネーブで死去。著書に「過渡期のインド」(’18年)、「回想録」(’54年)などがある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アーガー・ハーンの関連キーワードイスマーイール派イマーム汎イスラム主義イスラム聖戦機構イマームアリブハリ廟イマーム広場ハズラティイマーム広場イスラム諸国会議イマーム・レザー七イマーム派

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone