アーキビスト(読み)あーきびすと(英語表記)archivist

翻訳|archivist

図書館情報学用語辞典 第5版「アーキビスト」の解説

アーキビスト

文書管理の専門家.公文書館古文書館などの専門職員のほか,官公庁において公文書の管理と保管,あるいはその公開サービスにかかわる業務に従事するや,企業などの文書管理担当者も含まれる.一般には,文書類の鑑定,評価,収集整理,保管(分類目録などの作業を含む),公開や提供(展示出版,あるいは管理している文書の内容に関する情報提供サービスなどを含む)などが主要な任務とされている.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

デジタル大辞泉「アーキビスト」の解説

アーキビスト(archivist)

公文書の収集、分類や保管にあたる担当者。公文書館などで調査研究にあたる専門職員。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android