アールスト(英語表記)Aelst, Willem van

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アールスト
Aelst, Willem van

[生]1625/1626
[没]1683以後
オランダの静物画家。イタリアではグリエルモ・ドランダ Guglielmo d'Olandaの名で知られる。特に花を題材とする。 1645~56年,フランスやフィレンツェで制作。 57年以後アムステルダムに定住。主要作品『花』 (1662,ロッテルダム,ボイマンス=ファン・ボイニンヘン美術館) 。

アールスト
Aalst

フランス語ではアロスト Alost。ベルギー北西部,オーストフランデレン州の工業都市。ブリュッセルヘントの中間に位置し,古くから商業都市として繁栄したが,現在は麻の紡績織物工業繊維機械工業が中心。また周辺で栽培されるホップを用いた醸造業も盛ん。 12世紀なかばに着工された市庁舎 (14世紀再建) はベルギー最古の建物の一つで,12世紀の古文書を所蔵。 15世紀末着工の聖マルチヌス聖堂 (未完成) にはルーベンス天井画がある。人口7万 6382 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アールスト【Aalst】

ベルギー中央部の工業都市。人口7万6714(1988)。フランス語名はアロストAlost。家具,織物の生産が盛ん。ブリュッセルとヘントとを結ぶ幹線道路に臨み,前者の北西約25kmに位置する。中世初期以来領主の居城が置かれた。旧市役所をはじめ,いくつかの歴史的建築が残る。巨人・巨獣行列が行われる謝肉祭もよく知られる。【森本 芳樹】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アールスト
あーるすと
Aalst

ベルギー北西部、東フランドル州南東部の郡都、工業都市。フランス語名でアーロストAlost。人口7万6382(2002)。スケルデ川支流のデンダル川に臨む農産物の集散地で、切り花取引の中心地でもある。歴史的には毛織物工業が有名であるが、第二次世界大戦後は合成繊維、洋品雑貨、ゴム、プラスチック工業、ビール醸造業が中心である。13世紀初めに建設された市役所はベルギー最古の市役所建築物である。1473年には、ティエリー・マルテンスによりフランドル初の印刷所が創設された。18世紀にはフランドル地方の中心地であった。[川上多美子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android