コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アールフォルス アールフォルスAhlfors, Lars Valerian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アールフォルス
Ahlfors, Lars Valerian

[生]1907.4.18. フィンランドヘルシンキ
[没]1996.10.11. アメリカ合衆国,マサチューセッツ,ピッツフィールド
フィンランドの数学者。リーマン面に関する研究を認められ,1936年第1回フィールズ賞受賞。1981年ウルフ賞受賞。1932年ヘルシンキ大学で博士号を取得し,1938~44年同大学に在籍。スイスチューリヒ大学を経て,1946年アメリカ合衆国ハーバード大学に移り,一線を退くまで在籍した。1936年ノルウェーオスロで開催された国際数学者会議フィールズ賞を受賞。被覆空間の観点から逆関数リーマン面を解析する方法を発展させたことが認められた。おもだった貢献はリーマン面の理論におけるものだったが,発見した定理アールフォルス有限性定理,アールフォルス 5円板定理,アールフォルス主定理など)はリーマン面以外の分野,たとえば有限生成クライン群の理論などにも及んだ。1929年には整関数についてのアルノー・ダンジョワの予想を解決している。またのちに,擬等角写像の研究や,等角不変量についてのアーン・ボイリングとの共同研究を行なった。著書に『複素解析』Complex Analysis(1953),"Riemann Surfaces"(1960,レオ・サリオと共著),"Lectures on Quasi-Conformal Mappings"(1966),"Conformal Invariants"(1973)など。1982年 "Collected Papers"刊行。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アールフォルス

フィンランドの数学者。1946年渡米してハーバード大学教授。等角写像,有理型関数,リーマン面等を研究。1936年フィールズ賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アールフォルス【Lars Valerian Ahlfors】

1907‐1996
フィンランド生れのアメリカの数学者。ヘルシンキに生まれ,ヘルシンキ大学を卒業後,同大学,チューリヒ大学の各教授を経て,1946年アメリカに渡り,翌年から78年までハーバード大学教授。1952年アメリカに帰化。ダンジョアA.Denjoyが1907年に提出した整関数の漸近値に関する予想を22歳の若さで解決し,翌年学位を得た。以来,研究の対象は関数論の各方面,すなわち等角写像,値分布,リーマン面,擬等角写像,極値的長さ,タイヒミュラーTeichmüller空間,クライン群などにわたり,発表された論文は,いずれの分野においても中心的役割を果たした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アールフォルス
あーるふぉるす
Lars Valerian Ahlfors
(1907―1996)

アメリカの数学者。フィンランドのヘルシンキに生まれる。ヘルシンキ大学で学び、関数論の巨匠リンデレフErnst L. Lindelf(1870―1946)およびネバンリンナRolf Nevanlinna(1895―1980)の影響を受けた。有理型関数の特性関数の幾何学的解釈や整関数に関するダンジョア予想の解決などの仕事で、若いときから世界的に注目を浴びた。1935年、『被覆面berlagerungsflcheの理論』という論文でネバンリンナの有理型関数の値分布理論を一般化した深遠な理論を展開、これによって翌1936年第1回のフィールズ賞を受賞した。母校およびチューリヒ大学教授を経て、1946年からアメリカ、ハーバード大学教授となり、リーマン面論を中心に擬等角写像やタイヒミュラー空間論の組織的研究によって、この関数論、位相幾何、代数幾何にまたがる分野に貢献した。クライン群(リーマン面を表現する一次変換群の拡張であり、クラインやポアンカレらの古典的研究がある)の近代的研究にも先駆的かつ基本的な業績がある。晩年はクライン群の高次元化の研究を進めた。アメリカ、スウェーデンおよび母国の学士院会員、ハーバード大学名誉教授であった。著書はサリオL.Sario(1916―2009)との共著『リーマン面』(1960)、『擬等角写像講義』(1966)、『等角不変量』(1973)などの専門書のほかに、関数論の有名な入門書『複素解析』Complex analysis(笠原乾吉訳・1982・現代数学社)がある。[楠 幸男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アールフォルスの関連キーワード[各個指定]工芸技術部門カラジアーレ複成片麻岩内褶曲ウェブスター(Ben Webster)久原躬弦ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)西園寺公望内閣柴田桂太新派劇ドキュメンタリー映画

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone