コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イカリモンガ Pterodecta felderi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イカリモンガ
Pterodecta felderi

鱗翅目イカリモン科。前翅長 18~20mm。触角は雌雄ともに糸状。翅は黒褐色で,前翅に顕著な橙黄色の横帯があり,その内側中央部が突出して錨 (いかり) 形を示すためその名がある。前翅先端はとがり,その後方も角張る。昼間飛翔し,翅を背に立てて止る。年2回発生し,成虫で越冬する。食草イノデ (オシダ科) 。北海道,本州,四国,九州,アムール,中国に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

イカリモンガ

鱗翅(りんし)目イカリモンガ科の1種。開張30mm内外,黒茶色の地に赤い錨(いかり)状の紋がある。日本全土,朝鮮,中国に分布。幼虫シダ類を食べ,成虫は年2回晩春と夏に出現,昼間飛び翅をたたんで止まるので,よくチョウとまちがえられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イカリモンガ
いかりもんが / 錨紋蛾
[学]Pterodecta felderi

昆虫綱鱗翅(りんし)目イカリモンガ科に属するガ。はねの開張35ミリメートル内外。前翅の表面にはオレンジ色から赤色の鮮やかな錨(いかり)状の帯があり、名はこれに由来する。昼飛性で、日中活発に飛び、静止するときは、はねを背面に畳むし、触角も単純なむち状か棍棒(こんぼう)状に近いため、チョウとよく間違えられる。日本全土のほか、中国、朝鮮半島、ロシア連邦の極東部に分布する。山間地で春と夏に成虫がみられ、幼虫はオシダ科のイノデの葉を食べる。この科の日本産種は、イカリモンガのほかにベニイカリモンガCallidula attenuataがおり、四国、九州の南部と南西諸島に分布している。[井上 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イカリモンガの関連キーワードイカリモンガ(錨紋蛾)チョウ(蝶)錨紋蛾井上

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android