コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イギス イギス Ceramium kondoi

5件 の用語解説(イギスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イギス
イギス
Ceramium kondoi

紅藻類イギス目イギス科の海藻。藻体ははなはだ細く,二叉,三叉または四叉に分岐し,高さ5~50cmとなる。潮間帯の岩上や他の海藻上に着生する。この種は本州,北海道サハリン,千島に分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海藻海草標本図鑑の解説

イギス

からだは細い糸状で,主軸はやや広い角度で叉状に分枝し,ときに三叉や四叉分枝することがある。イギス属の中で三叉 分枝する枝を持つものはイギスだけである。叉状分枝とは別にからだの縁から細い小枝を出す。各枝は先端部で叉状に分かれており,それらは内側に湾曲する。 からだには輪状模様があり,縞の部分でからだはややくびれている。からだの基部から仮根糸を出して岩や他の海藻上に付着する。手触り柔らかい。生体は紅 色〜暗紅色。押し葉標本は台紙によくつくが,老成した個体ではつきにくい。銚子ではイギスをほとんど利用していないが,地方によっては寒天の材料や刺身のツマとして使われており,西日本では「いぎす豆腐」や「いぎりす」といったイギスを使った郷土料理が知られている。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

イギス

 [Ceramium kondoi].紅藻綱イギス目イギス科イギス属の海藻.高さ10〜30cmになる.さしみのつまや糊の原料にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

イギス【Ceramium kondoi Yendo】

潮間帯の岩上や他の海藻の体上に生育する紅藻イギス科の1種(イラスト)。高さは10~30cmになり,体は紅紫色,糸状,円柱状で叉(さ)状,3叉状または4叉状に分枝する。似た種類にハネイギスC.japonicum Okamura,アミクサC.boydenii Gepp,エゴノリCampylaephora hypnaeoides J.Ag.などがあるが,ハネイギスは小枝を羽状に出すこと,アミクサは体の節部の周囲から小枝や細毛のような枝を多数出すこと,エゴノリは枝の先端が釣針のように曲がることで,それぞれ区別される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギス
いぎす
pitcher
[学]Ceramium

紅藻植物、イギス科の海藻。狭義にはCeramium kondoiのラテン学名をもつ一種をさすが、ここではイギス属全般について述べる。細い糸状枝が次々と二又(ふたまた)に分岐する、繊細な体形をもち、体色は美しいピンク色のものもあれば、薄汚れた感じの暗紅色のものもある。また、体枝が太めのものもあれば、絹糸ほどの繊細なものもあるなど、種により変化が多い。枝端が二又になることと、体枝が一列に並ぶ細胞群からなることが特徴で、よく観察すると識別できる。繊細な体枝をもつものとしてはケイギス、ハリイギスがあり、太めの体枝をもち、やや大形になるものではハネイギス、イギス、フトイギスなどがある。分布は広く、日本の全沿岸でイギス属のいずれかの種が産する。[新崎盛敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイギスの言及

【クエ】より

…クエという呼称はもとは高知県,大阪府,和歌山県などで使われていたもので,三重県二木島でクエマス,和歌山県でキョウモドリ,下関でアラと呼ぶ。また,高知県では本種の幼魚をアオナまたはイギスと呼ぶ。ハタ類の中では大きいほうで,全長80cmに達する。…

※「イギス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イギスの関連キーワード細糸小弦原田はやし田エゴノリオオシオグサクロミルハネイギストウゲシバ津田隼人アイソメ図

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イギスの関連情報