コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシマテガイ イシマテガイ Lithophaga curta; date mussel

4件 の用語解説(イシマテガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イシマテガイ
イシマテガイ
Lithophaga curta; date mussel

軟体動物門二枚貝綱イガイ科。殻長 5.5cm,殻高 1.8cm,殻幅 1.5cm。殻は円筒形でやや薄く,前端が丸く,後方にいくにつれて細くなる。殻表は褐色の殻皮をかぶるが,その上にさらに灰色の石灰が沈着しており,細い皺が多くある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イシマテガイ

イシワリ(石割)とも。イガイ科の二枚貝。殻の長さ5.5cm,高さ1.8cm,幅1.5cm,円筒形で殻表は褐色の殻皮をかぶり,これに灰色の石灰が沈着。本州〜台湾の潮間帯下の砂泥岩や石灰岩に口吻の酸腺から酸を出し石灰分を溶かし穿孔(せんこう)する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イシマテガイ【Lithophaga curta(=Leiosolenus curta)】

岩に穴を掘ってその中にすむイガイ科の二枚貝(イラスト)。イシワリ(石割)ともいわれる。殻の長さ5.5cm,高さ1.8cm,膨らみ1.5cm。前後に長い円筒形。殻表は栗褐色の皮で覆われるが,さらにその上に灰色の石灰が沈着していて,これには縦に弱いしわがある。内面は青白色。軟体は前後の筋肉で殻に付着し,足は運動しないので小さく,それから糸を出す。体の後端を穴の口のほうへ向けている。外套(がいとう)膜で出入水口ができそこから呼吸のための海水とともに餌が流入する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イシマテガイ
いしまてがい / 石馬刀貝・石蟶貝
short date mussel
[学]Lithophaga (Leiosolenus) curta

軟体動物門二枚貝綱イガイ科の二枚貝。海産で、イシワリ、シミズ神奈川県三崎)、カツブシガイ(南房総)などの地方名がある。本州以南の日本全域および台湾にまで分布。酸を分泌することによって、潮間帯から水深10メートルぐらいまでの水成岩サンゴ塊に穿孔(せんこう)する。ときにはコンクリート製の橋桁(はしげた)などの人工構築物にも穿孔する。殻長55ミリメートル、殻高18ミリメートルぐらい、左右の殻があわさると円筒形で、前端は丸い。殻表は褐色の殻皮をかぶった上に石灰質が沈着し、さらにその上に縦のしわがある。内面は青白色で、真珠光沢がわずかにある。肉は地方の漁民に食用とされ、美味。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イシマテガイの関連キーワード石馬刀貝三味線貝鳰貝紫貝海茸貝鴎貝皿貝玉貝馬刀貝シャコガイ(硨磲貝)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone