コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソップ物語 イソップモノガタリ

4件 の用語解説(イソップ物語の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

イソップものがたり【イソップ物語】

古代ギリシャの説話集。イソップの作と伝えられる。前3世紀ごろの成立。多く動物を主人公とする寓話(ぐうわ)に託して日常的な道徳教訓を説いたもの。→伊曽保(イソホ)物語

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

イソップものがたり【イソップ物語】

ギリシアのイソップ(アイソポス)が作ったと伝えられる動物寓話集。動物などの性格や行動に託して,ギリシア一般大衆に,いかにすれば人は平穏無事に人生をおくることができるかを教える処生訓であった。この寓話形式はすでにヘシオドス(《農と暦(仕事と日々)》202~212行),アルキロコス(断片86,89)などによって使用され,前6世紀ころイソップによって大成された。その後,前5~前4世紀に流行をみ,また文人などにも愛好されて,アリストファネスクセノフォンなどが著作の中でイソップの名とともに動物寓話に言及している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

イソップものがたり【イソップ物語】

イソップの作と伝えられる寓話集。動物を主人公にして、風刺的に人間のモラルを説いた部分と、イソップ自身とその主人などをめぐる部分とからなる。 → 伊曽保いそほ物語

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イソップ物語
いそっぷものがたり

動物その他の世界に仮託して人間生活の諸相を描いた古代ギリシアの寓話(ぐうわ)集。アイソポスの作と伝えられる。彼の伝記のなかに収められていた寓話が、そこから独立して一つにまとめられたものであろう。すでに紀元前5世紀に「アイソポスの物語」として特定の動物寓話集が存在していたらしく、喜劇詩人や弁論家に愛好された。これらの物語は、一般民衆の生活を基盤としていて、ホメロスの叙事詩が英雄、貴族の文学とすれば、これは虐げられた弱者の文学である。時代の思想や宗教の求める規範とはかかわりのないところで、覚めた目で人間生活が描かれ、この点にもギリシア人の精神を象徴するような合理主義的思考が現れている。庶民の生きるための知恵の結晶したもので、それだけに広く親しまれたのであろう。この動物寓話の人気が高まるにつれて、これ以外の寓話、アフリカや小アジアの外来の寓話もアイソポスの寓話集のなかに組み込まれていった。伝承上の最初の寓話集の編集者はアリストテレス門下のデメトリオスとされるが、伝存していない。現在伝わっている最古のギリシア語テキストは紀元後2~3世紀のものである。最初から、親しみやすい明快な散文で書かれていたようであるが、これを韻文に直す試みも何度か行われた。その代表的な例は2世紀のバブリオスの寓話詩である。また、ローマでは早くから紹介されていたが、帝政初期にファエドルスがラテン語の詩形で寓話集を発表した。これらの詩は、ビザンティン時代とヨーロッパ中世を通じて、イソップ集の伝承に大きな役割を果たした。
 このようにしてアイソポスの寓話集は、ギリシア民族の文学遺産だけにとどまらず、中世を経て、ルネサンス期における高い評価を得て、世界文学の一つとしての地位を占めるようになった。わが国ではすでに16世紀の末にローマ字で印刷された『エソポのファブラス』が出版され、続いて仮名草子として『伊曽保(いそほ)物語』も出版された。江戸時代を通じて、一般的にはならなかったようであるが、明治初期に、英語版の翻訳を通して再度イソップ物語が紹介され、小学校教科書に用いられるほど普及することになった。現在では、外国の、しかも古代ギリシアの話とは思われないほどに、日本人の心に身近な物語として親しまれている。わが国での受容のあり方からみても、アイソポスの寓話集が他に例をみない長い生命力を保ち、世界文学としての万人共通の深い基盤のうえにあることがうかがわれる。[橋本隆夫]
『山本光雄訳『イソップ寓話集』(岩波文庫) ▽渡辺和雄著『イソップ寓話集』全二冊(1982・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイソップ物語の言及

【イソップ】より

…《イソップ物語》の名で知られる動物寓話の作者。ギリシア名アイソポスAisōpos。…

【伊曾保物語】より

…3巻。《イソップ物語》の翻訳であるが,全部で94話。最初の30話はイソップの逸話,のちの64話が動物の寓話である。…

【ジャータカ】より

… ジャータカはインド各地の昔話や寓話にもとづいているため,共通の説話がヒンドゥー教やジャイナ教の聖典中にも見いだされる。これらの民話を集成した《パンチャタントラ》は,のちにシリア語やアラビア語に訳されて西方に伝播し,《イソップ物語》や《アラビアン・ナイト》,さらには《グリム童話》,J.deラ・フォンテーヌの《寓話》などに影響を与えた。また,日本へも前述の漢訳文献を通じて《今昔物語集》などに入っている。…

【バブリオス】より

…たぶんギリシア化したローマ人で,韻律と言語の分析から2世紀ごろの人と推定される。《イソップ物語》をコリアンボス調の詩文に直した。〈軽率な夫婦〉など幾編かの新しい寓話を付加したが自作かどうか明らかでない。…

【仏教文学】より

…次に,ジャータカ(本生話)は,釈迦が釈迦族の王子としてこの世に生をうける以前,天人,国王,大臣,長者,盗賊,あるいは兎,猿,象,孔雀などの姿で菩薩のすぐれた自己犠牲の行為を行ったことを物語る教訓説話で,その中には多くの民間説話,寓話,伝説がおさめられている。これは,経蔵中の〈クッダカ・ニカーヤ〉におさめられているが,他のインド文学の作品や《イソップ物語》《千夜一夜物語》にも共通する説話を保有する点で,世界文学史上においても重要な文献である。このほか,叙事詩形式のものとして,スリランカにおける仏教教団の歴史を描いた《ディーパバンサ》《マハーバンサ》をあげることができる。…

※「イソップ物語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イソップ物語の関連キーワードアイソポスイソップ寓話イソハイソックス無愛想いそいそし・いイソノエサイハイソックスニーハイソックス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イソップ物語の関連情報