コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イチハツ(鳶尾) イチハツIris tectorum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イチハツ(鳶尾)
イチハツ
Iris tectorum

アヤメ科の多年草。中国原産で,日本には古くから渡来した。観賞用に水はけのよいところなどに植えられ,また,しばしば農家のわらぶき屋根の上に植えられた。葉は幅広く3~4cmになり,先端は剣状で脈が多少隆起する。淡緑色で光沢がある。花はアヤメより早く5月に咲く。イチハツの名は,この類のものとして最初に咲くことからつけられたという。花の直径は 10cmぐらい,3枚の外花被片は広い円形で紫色濃色の斑点がある。また中央の基部のほうに白色の鶏冠状の突起があるのが特徴,内花被片も卵形に広がり基部は細まる。花の色は紫色であるが,白花のシロバナイチハツもある。根茎を乾かしたものが生薬の鳶尾根で,吐剤または下剤として用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イチハツ(鳶尾)の関連キーワードアヤメ科

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android