コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イチハツ

百科事典マイペディアの解説

イチハツ

中国原産のアヤメ科多年草。わらぶき屋根によく植えられている。茎は高さ30〜60cm,剣状の葉が下方に1列に並んでつく。5月に咲く淡紫色の花は,内花被片が大きく平開し,外花被片は濃紫色の斑点があり,下半部内面にとさか状の突起がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イチハツ【roof iris】

中国中部から北ミャンマーにかけての地域が原産のアヤメ科の多年草。日本のアヤメ類では早く,5月に開花するので,〈最初に咲く〉の意でイチハツと呼ばれるようになったといわれる。また大風を防ぐといわれ,わら屋根に植えられることも多かった。英名も〈屋根に生えるアイリス〉と,イチハツの特徴的な生育場所から名付けられている。日本には古くに中国から渡来したと考えられ,少なくとも18世紀初めには栽植されていた。江戸時代にはコヤスグサと呼ばれていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イチハツ
いちはつ
[学]Iris tectorum Maxim.

アヤメ科の多年草。中国内陸部の原産で江戸時代から栽培されていた。根茎は太く、短く、叢生(そうせい)する。葉は淡緑色で先は鋭くとがり、長さ30~60センチメートル、幅2.5~3.5センチメートル、平滑で中央脈は不明瞭(ふめいりょう)、基部で扇状に開く。4~5月に花茎を30センチメートルくらいに伸ばし1~2枝を出し、各枝に2~3花をつける。小包葉は倒卵状長楕円(ちょうだえん)形で膜質。小花柄はほとんどない。花は紫点があり、径約10センチメートル、花筒は長さ2.5センチメートル。外花被片(かひへん)は倒卵形で、中央部から以下は内面に紫斑(しはん)のある鶏冠状の白色肉質突起を密生する。内花被片はほぼ同大で斜めに開く。白花と斑入葉(ふいりは)種がある。耐寒性、耐乾性ともに強く、地表あるいは浅土中に細い多数の地下茎を伸ばして繁殖する。昔は藁葺(わらぶ)き屋根に植えた。日なたでも半日陰でも育つが、半日陰で美しい。[吉江清朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイチハツの言及

【アヤメ】より

…【矢原 徹一】。。…

【アヤメ】より

…アメリカ原産の近縁のイリス・ウェルシコロルI.versicolor L.との交雑種が1968年に作られた。 イチハツI.tectorum Maxim.(英名roof iris)(イラスト)は中国の中央部から西部とミャンマー北部に産し,古く日本に渡来した。1563年(永禄6)の古文書に初めて書かれており,その後《花壇綱目》(1681)などいくつかの古い園芸書に〈一八〉や〈一初〉の名で見られる。…

【アヤメ】より

…アメリカ原産の近縁のイリス・ウェルシコロルI.versicolor L.との交雑種が1968年に作られた。 イチハツI.tectorum Maxim.(英名roof iris)(イラスト)は中国の中央部から西部とミャンマー北部に産し,古く日本に渡来した。1563年(永禄6)の古文書に初めて書かれており,その後《花壇綱目》(1681)などいくつかの古い園芸書に〈一八〉や〈一初〉の名で見られる。…

※「イチハツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

イチハツの関連キーワードイチハツ(鳶尾)古也須久佐万年草静物画子安草八橋鳶尾

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イチハツの関連情報