コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イチモンジセセリ イチモンジセセリ Parnara guttata

4件 の用語解説(イチモンジセセリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イチモンジセセリ
イチモンジセセリ
Parnara guttata

鱗翅目セセリチョウ科。前翅長 20mm内外。翅表は黒褐色,裏面は黄褐色で,前後翅とも小白色斑がある。後翅の白色斑がほぼ一列に並んでいることからその名があり,またこの特徴によって他種から区別される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イチモンジセセリ

鱗翅(りんし)目セセリチョウ科の1種。開張35mm内外,暗褐色で白斑がある。日本全土からアジアに広く分布。幼虫はイネツトムシといい,イネの葉を巻いて食べる害虫。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イチモンジセセリ【Parnara guttata】

初秋のころ草原や耕作地,住宅地などにもふつうに見られる鱗翅目セセリチョウ科の昆虫(イラスト)。中型のセセリチョウで,開張3~4cm。翅の地色は表面は暗褐色,裏面は黄褐色で,後翅の4個の白色斑が1列に並ぶので一文字の名がある。イネの害虫として有名で,水田に大発生することがある。本種の生息地は人工的な自然と強く結びつき,原生林などの原始的な自然には個体数が少ない。幼虫はイネツトムシ,またはハマクリムシなどと呼ばれ,孵化(ふか)した直後は葉を裏側から筒状に巻いて巣をつくるが,十分に成長すると2,3枚の葉を集めてより大きな巣をつくってその中に潜み,そこから出かけて周囲の葉を食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イチモンジセセリ
いちもんじせせり / 一文字
[学]Parnara guttata

昆虫綱鱗翅(りんし)目セセリチョウ科に属するチョウ。北海道から南西諸島にわたり日本全土に広くみられるが、越冬可能な地域は関東以南の暖地で、関東以北または寒冷の山岳地でみられるものは南方からの移動個体である。外国では朝鮮半島、中国からヒマラヤ、東南アジアにかけて広く分布する。はねの開張35ミリメートル内外。はねの地色は暗褐色、前ばねと後ろばねに数個の白色斑紋(はんもん)がある。和名は、後ろばねの白斑が正しく横一文字状に並ぶことからつけられた。幼虫態で越冬し、それから羽化する第1化の成虫は西南日本では5月から現れる。第2化は7月、第3化は8~9月に発生し、8月下旬から9月上旬にかけてもっとも個体数が多く、この時期には関東地方から近畿地方にかけて同一方向に向かう大群の移動がしばしば観察される。幼虫の食草はイネで、幼虫はハマクリムシまたはツトムシ(別名イネツトムシ)の名で知られるイネの害虫。越冬期にはイネ科の各種雑草も幼虫の食草となる。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イチモンジセセリの関連キーワード住宅地小作地初秋ハイツ耕墾器コモンスペース初秋風初秋霧黙認耕作地耕作地主

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone