コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イトミミズ イトミミズTubifex hattai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イトミミズ
Tubifex hattai

環形動物門貧毛綱イトミミズ科。体長8~10cm,体節数 85~100。体は淡紅色で,糸状。おのおのの体節の,背側からは細長い針状剛毛と短い鉤状剛毛が,腹側からは鉤状剛毛が出ている。環帯は第 11体節と第 12体節の前半にできる。また体に触れると螺旋形に巻く性質がある。日本全国の下水溝などの泥の中にすみ,尾を水中に出して揺り動かしている。このため泥の表面が桃色になるのでモモホオズキとも呼ばれるが,ほかにボッタともいわれる。キンギョなどの餌に用いられるが,イトミミズとして市販されているもののなかにはユリミミズ,シロイトミミズ Rhizodrilus limosusなど数種が混っていることもある。なお,イトミミズ科 Tubificidaeに属する他種のものは,本種と異なり針状剛毛をもたない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

イトミミズ

イトメ,ボッタとも。貧毛綱イトミミズ科の環形動物。体長5〜10cm,体節数85〜100。体は糸状で淡紅色。人家に近い溝などの泥中にすみ,日本各地に普通。キンギョなどの餌に用いられるが,東京地方の店で売られているものは近縁のユリミミズが多い。
→関連項目ミミズ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イトミミズ【Tubifex hattai】

貧毛綱イトミミズ科の環形動物。日本全国に分布する。下水溝などの泥の中に群生しているので,泥の表面が桃色になるためモモホオズキと呼ばれるほか,ボッタ,イトメなどとも呼ばれる。体は糸状で長さ5~10cm,体節数85~100。成熟した個体には第11,12体節に環帯が現れる。背側に長い毛状剛毛をもつことがこの種の大きな特徴であって,他の近似種には毛状剛毛がない。雄性孔は第11体節の腹面に1対ある。体に刺激を与えるとらせん形に巻く性質がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イトミミズ
いとみみず / 糸蚯蚓

環形動物門貧毛綱イトミミズ科の水生ミミズの総称、および同科に属する1種名。種名のイトミミズTubifex tubifexは、体は細長く70~100ミリメートル、刺激を与えるとこの体を螺旋(らせん)状に巻く性質がある。体節数は85~100個、成熟個体では環帯が発達する。剛毛束は背面と腹面に生じ、それぞれ2列に列生する。下水など有機質の多い汚水に生息し、体の前半を泥中に残し、後半を水中に出してこれを揺り動かすため、群生するときには泥の表面が真っ赤にみえる。これを俗にモモホオズキとかユリノハナとよぶ。学名は久しい間T. hattaiが用いられてきたが、現在では世界に広く分布するT. tubifexと同種とみなされている。イトミミズ科としては世界に約150種、日本からはイトミミズのほか、ユリミミズ(別名ゴトウイトミミズ)、シロイトミミズ、エラミミズなど10種ほど知られている。[大野正男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イトミミズの関連情報