コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イトミミズ イトミミズ Tubifex hattai

4件 の用語解説(イトミミズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イトミミズ
イトミミズ
Tubifex hattai

環形動物門貧毛綱イトミミズ科。体長8~10cm,体節数 85~100。体は淡紅色で,糸状。おのおのの体節の,背側からは細長い針状剛毛と短い鉤状剛毛が,腹側からは鉤状剛毛が出ている。環帯は第 11体節と第 12体節の前半にできる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イトミミズ

イトメ,ボッタとも。貧毛綱イトミミズ科の環形動物。体長5〜10cm,体節数85〜100。体は糸状で淡紅色。人家に近い溝などの泥中にすみ,日本各地に普通。キンギョなどの餌に用いられるが,東京地方の店で売られているものは近縁のユリミミズが多い。
→関連項目ミミズ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イトミミズ【Tubifex hattai】

貧毛綱イトミミズ科の環形動物。日本全国に分布する。下水溝などの泥の中に群生しているので,泥の表面が桃色になるためモモホオズキと呼ばれるほか,ボッタ,イトメなどとも呼ばれる。体は糸状で長さ5~10cm,体節数85~100。成熟した個体には第11,12体節に環帯が現れる。背側に長い毛状剛毛をもつことがこの種の大きな特徴であって,他の近似種には毛状剛毛がない。雄性孔は第11体節の腹面に1対ある。体に刺激を与えるとらせん形に巻く性質がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イトミミズ
いとみみず / 糸蚯蚓

環形動物門貧毛綱イトミミズ科の水生ミミズの総称、および同科に属する1種名。種名のイトミミズTubifex tubifexは、体は細長く70~100ミリメートル、刺激を与えるとこの体を螺旋(らせん)状に巻く性質がある。体節数は85~100個、成熟個体では環帯が発達する。剛毛束は背面と腹面に生じ、それぞれ2列に列生する。下水など有機質の多い汚水に生息し、体の前半を泥中に残し、後半を水中に出してこれを揺り動かすため、群生するときには泥の表面が真っ赤にみえる。これを俗にモモホオズキとかユリノハナとよぶ。学名は久しい間T. hattaiが用いられてきたが、現在では世界に広く分布するT. tubifexと同種とみなされている。イトミミズ科としては世界に約150種、日本からはイトミミズのほか、ユリミミズ(別名ゴトウイトミミズ)、シロイトミミズ、エラミミズなど10種ほど知られている。[大野正男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イトミミズの関連キーワードエラミミズヒトツモンミミズ貧毛類ユリミミズイソミミズ磯蚯蚓糸蚯蚓蚯蚓シーボルトミミズフトミミズ(太蚯蚓)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イトミミズの関連情報