イトヨリダイ(糸撚鯛)(読み)イトヨリダイ(英語表記)Nemipterus virgatus

世界大百科事典 第2版の解説

イトヨリダイ【イトヨリダイ(糸撚鯛) Nemipterus virgatus】

スズキ目イトヨリダイ科の海産魚(イラスト)。イトヨリと呼ばれることも多い。また舞鶴イトヒキ,和歌山でボチョ,高知県須崎でヤモメ松江イトヒキコビリ,鹿児島でアカナなどと呼ばれる。本州中部以南,東シナ海に分布する。体はやや細長く,尾びれの上端が糸状に長くのびている。全長40cmに達する。体色は鮮やかな淡紅色で,体側に6本の黄色縦線が頭の後ろから尾部まで走っている。背びれとしりびれにも2本の黄色縦帯があり,吻(ふん)に黄色縦帯がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android