コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イトヨリダイ(糸撚鯛) イトヨリダイ Nemipterus virgatus

1件 の用語解説(イトヨリダイ(糸撚鯛)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イトヨリダイ【イトヨリダイ(糸撚鯛) Nemipterus virgatus】

スズキ目イトヨリダイ科の海産魚(イラスト)。イトヨリ呼ばれることも多い。また舞鶴でイトヒキ和歌山ボチョ,高知県須崎でヤモメ,松江でイトヒキコビリ鹿児島アカナなどと呼ばれる。本州中部以南,東シナ海に分布する。体はやや細長く,尾びれの上端が糸状に長くのびている。全長40cmに達する。体色は鮮やかな淡紅色で,体側に6本の黄色縦線が頭の後ろから尾部まで走っている。背びれとしりびれにも2本の黄色縦帯があり,吻(ふん)に黄色縦帯がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イトヨリダイ(糸撚鯛)の関連キーワードイトヨリダイマダイアオギス糸縒鯛アカアマダイアサヒダイイトヨリキグチゴウシュウマダイソコイトヨリ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone