コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヌゴマ

3件 の用語解説(イヌゴマの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イヌゴマ

シソ科の多年草。日本全土の湿地にはえる。地下に白い根茎があり,茎は高さ30〜60cm,葉は対生し,披針形で葉面にしわがある。夏,茎頂に花穂を出し,淡紅色で長さ1.2〜1.5cmの唇形(しんけい)花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イヌゴマ【Stachys riederi Chamisso var.intermedia (Kudo) Kitam.】

湿地に生えるシソ科の多年草(イラスト)。高さ40~70cm,チョロギに似ているので,チョロギダマシとも呼ばれる。茎は四角形で直立し,稜には下向きの短いとげがあってざらつく。地下茎は白く,長く地中をはう。葉は2枚ずつ対生し,ごく短い葉柄があり,葉身は細長い楕円形で長さ4~8cm,幅1~2.5cm,裏面の脈上にも小さい突起があってざらつく。7~8月頃,茎の先に穂を作って,淡紅色の花をつける。萼は緑色,筒形で5裂,花冠は唇形で長さ12~15mm,下側の裂片は3裂して紅色の斑点がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イヌゴマ
いぬごま / 犬胡麻
[学]Stachys riederi Cham. var. intermedia (Kudo) Kitamura

シソ科の多年草で、湿地に生える。白くて細長い地下茎がある。茎は方形で逆向きの刺(とげ)があり、高さ40~70センチメートル。葉は対生し短柄があり、長さ4~8センチメートル、幅1~2センチメートル。夏、茎の先に花穂をつくり、淡紅紫色で唇形の花をつける。下唇は3裂し紅色の斑点(はんてん)がある。北海道から九州まで分布する。分果がゴマに似ているが、役にたたないことからイヌゴマという。変種のケナシイヌゴマは毛や刺がなく、九州から中国にまで分布し、エゾイヌゴマは開出毛が多く、樺太(からふと)(サハリン)から本州中部にかけて分布する。[村田 源]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イヌゴマの関連キーワード葵菫犬胡麻水蘭塔花浪来草水虎の尾山薄荷鈴香薷蔓夏枯草柊草

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone