コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヌゴマ

百科事典マイペディアの解説

イヌゴマ

シソ科の多年草。日本全土の湿地にはえる。地下に白い根茎があり,茎は高さ30〜60cm,葉は対生し,披針形で葉面にしわがある。夏,茎頂に花穂を出し,淡紅色で長さ1.2〜1.5cmの唇形(しんけい)花をつける。チョロギに似ているが塊茎がないのでチョロギダマシとも呼ばれる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イヌゴマ【Stachys riederi Chamisso var.intermedia (Kudo) Kitam.】

湿地に生えるシソ科の多年草(イラスト)。高さ40~70cm,チョロギに似ているので,チョロギダマシとも呼ばれる。茎は四角形で直立し,稜には下向きの短いとげがあってざらつく。地下茎は白く,長く地中をはう。葉は2枚ずつ対生し,ごく短い葉柄があり,葉身は細長い楕円形で長さ4~8cm,幅1~2.5cm,裏面の脈上にも小さい突起があってざらつく。7~8月頃,茎の先に穂を作って,淡紅色の花をつける。萼は緑色,筒形で5裂,花冠は唇形で長さ12~15mm,下側の裂片は3裂して紅色の斑点がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イヌゴマ
いぬごま / 犬胡麻
[学]Stachys riederi Cham. var. intermedia (Kudo) Kitamura

シソ科の多年草で、湿地に生える。白くて細長い地下茎がある。茎は方形で逆向きの刺(とげ)があり、高さ40~70センチメートル。葉は対生し短柄があり、長さ4~8センチメートル、幅1~2センチメートル。夏、茎の先に花穂をつくり、淡紅紫色で唇形の花をつける。下唇は3裂し紅色の斑点(はんてん)がある。北海道から九州まで分布する。分果がゴマに似ているが、役にたたないことからイヌゴマという。変種のケナシイヌゴマは毛や刺がなく、九州から中国にまで分布し、エゾイヌゴマは開出毛が多く、樺太(からふと)(サハリン)から本州中部にかけて分布する。[村田 源]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イヌゴマの関連キーワードチャイニーズアーティチョークケナシイヌゴマスタキス草石蚕偽村田

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イヌゴマの関連情報