コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヌマキ(犬槙) イヌマキ Podocarpus macrophyllus (Thunb.) D.Don

1件 の用語解説(イヌマキ(犬槙)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イヌマキ【イヌマキ(犬槙) Podocarpus macrophyllus (Thunb.) D.Don】

暖地の山林中に生え,また庭園でもよく植えられるマキ科の常緑高木で,雌株には人形の形をした実ができる(イラスト)。紀伊半島一円などで,コウヤマキのホンマキに対して犬の字を冠して区別した方言名が,そのまま標準和名に用いられた(マキ)。 高さ20mに達し,水平に枝を張る。幹の樹皮は帯褐灰白色で縦に裂ける。葉は密に螺生し,線状披針形で先は少しとがり,長さ7~15cm,表面は濃緑色を呈する。花は5月ごろ前年枝に腋生(えきせい)し,雄株では長さ3~5cmの円柱形の雄花が3~5個,短い柄につく(イラスト)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イヌマキ(犬槙)の関連キーワード梨園鬼胡桃円椎土佐水木庭藤万両山枇杷草橘りゅうびんたい毛利氏庭園