コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イバニェス イバニェス Ibañez (del Campo), Carlos

5件 の用語解説(イバニェスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イバニェス
イバニェス
Ibañez (del Campo), Carlos

[生]1877.11.3. リナレス
[没]1960.4.28. サンチアゴ
チリの軍人。大統領 (在任 1927~31,52~58) 。 30年に及ぶ軍人生活ののち,A.アレサンドリ・パルマのもとで国防相をつとめたが,1924年クーデターを起し実権を握った。 27年大統領となり労働立法などの諸改革を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

イバニェス
イバニェス

ブラスコ・イバニェス」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

イバニェス(Ibáñez)

ブラスコ=イバニェス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

イバニェス【Vicente Blasco Ibáñez】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イバニェス
いばにぇす
Carlos Ibez del Campo
(1877―1960)

チリの軍人、政治家。軍人の道を歩んだのち、陸軍大臣副大統領を経て、1927年に事実上のクーデターで大統領に就任。強権的な政治体制を敷き、欧米諸国からの多額な借款で広範な公共事業を行い、経済に繁栄をもたらした。またその一方で、進んだ労働法を実施し、農地改革にも着手した。しかし、世界恐慌の影響で政策が行き詰まり、1931年に大統領の地位を追われてアルゼンチンに亡命(1931~1937)。帰国後も政治活動を続け、1952年の選挙で大統領に復帰したが(1952~1958)、経済情勢の悪化により、綱領で掲げた労働者の経済的救済も実現できぬまま政権から去った。「鉄の男」とよばれた強烈な個性の持ち主であった。[加茂雄三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イバニェスの関連キーワード一条悦子ベナレス離れ州三角数馴れ姿乗慣れるはなれわざ無理な恋愛ベナレス・アヘン生馴れ/生熟れ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イバニェスの関連情報