コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イバルリ Dolores Ibarruri

3件 の用語解説(イバルリの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イバルリ【Dolores Ibarruri】

1895‐1989
スペインの女性政治家。ラ・パッショナリア(受難華)の異名で知られる。バスク地方の労働者の家庭に生まれ,若くして労働運動に参加。社会党を経て,1921年,共産党創設と同時に入党。32年には党中央委員となり,反ファシスト統一戦線,のちにスペイン人民戦線の結成を指導する一人となる。36年総選挙で国会議員に選出され,内戦突入寸前の国会で熱弁をふるう。内戦中にも〈ひざまずいて生きるより立って死ぬ方がましだ〉などのスローガンを掲げ,共和国政府軍を鼓舞,指導したが,39年フランコの勝利を機にモスクワへ亡命。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

イバルリ

スペインの女性政治家。若い頃から労働運動に関わり,1921年にスペイン共産党創立に参加。1936年からのスペイン内乱では,ヨーロッパ諸国を回って人民戦線政府の支援を求めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イバルリ
いばるり
Dolores Ibarruri
(1895―1989)

スペインの女性政治家。スペイン共産党の長老。バスク地方の炭坑夫の家に生まれ、若くして労働運動に身を投じ、第一次世界大戦後創立されたスペイン共産党に創立当初から参加した。1930年には古参党幹部たちが除名されたため中央委員に、ついで1932年には政治局員に昇進した。「ラ・パッショナリア」(受難華)という別名でも知られる。1936年2月の総選挙で国会議員に選ばれ雄弁の才を発揮した。1936年7月に始まった内戦では、人民戦線政府への外国の支援を得るため奔走してヨーロッパ的名声を得たが、コミンテルン路線の忠実な代弁者でもあった。内戦敗北後はフランスを経てソ連に亡命した。1942年にスペイン共産党書記長、1960年に党議長に就任。フランコ死後の1977年帰国。晩年にカリリョらのユーロコミュニズム路線を受け入れた。[平瀬徹也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イバルリの関連キーワード深刻小説日清戦争レーザレーダ追突警報装置観念小説文芸倶楽部熔結凝灰岩濱田万葉里見☆しのぶ平成金星探査機

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イバルリの関連情報