イバルリ(英語表記)Dolores Ibarruri

世界大百科事典 第2版の解説

イバルリ【Dolores Ibarruri】

1895‐1989
スペインの女性政治家。ラ・パッショナリア(受難華)の異名で知られる。バスク地方の労働者の家庭に生まれ,若くして労働運動に参加。社会党を経て,1921年,共産党創設と同時に入党。32年には党中央委員となり,反ファシスト統一戦線,のちにスペイン人民戦線の結成を指導する一人となる。36年総選挙で国会議員に選出され,内戦突入寸前の国会で熱弁をふるう。内戦中にも〈ひざまずいて生きるより立って死ぬ方がましだ〉などのスローガンを掲げ,共和国政府軍を鼓舞,指導したが,39年フランコの勝利を機にモスクワ亡命

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

百科事典マイペディアの解説

イバルリ

スペインの女性政治家。若い頃から労働運動に関わり,1921年にスペイン共産党創立に参加。1936年からのスペイン内乱では,ヨーロッパ諸国を回って人民戦線政府の支援を求めた。その激しい情熱から〈ラ・パショナリアLa Pasionaria(情熱の花)〉と呼ばれたが,内乱でフランコ軍が勝利したため国外に亡命した。フランコの死によって軍事独裁は終わり,1977年のスペイン共産党合法化でソ連から帰国。なお,亡命中の1942年に共産党書記長となった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イバルリ
いばるり
Dolores Ibarruri
(1895―1989)

スペインの女性政治家。スペイン共産党の長老。バスク地方の炭坑夫の家に生まれ、若くして労働運動に身を投じ、第一次世界大戦後創立されたスペイン共産党に創立当初から参加した。1930年には古参党幹部たちが除名されたため中央委員に、ついで1932年には政治局員に昇進した。「ラ・パッショナリア」(受難華)という別名でも知られる。1936年2月の総選挙で国会議員に選ばれ雄弁の才を発揮した。1936年7月に始まった内戦では、人民戦線政府への外国の支援を得るため奔走してヨーロッパ的名声を得たが、コミンテルン路線の忠実な代弁者でもあった。内戦敗北後はフランスを経てソ連に亡命した。1942年にスペイン共産党書記長、1960年に党議長に就任。フランコ死後の1977年帰国。晩年にカリリョらのユーロコミュニズム路線を受け入れた。[平瀬徹也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android