コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イフィゲネイア Iphigeneia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イフィゲネイア
Iphigeneia

ギリシア神話の人物。ミケーネ王アガメムノンと妃クリュタイムネストラの娘。父がギリシア軍の総帥としてトロイ戦争に出発するおり,アルテミスの怒りを解き,航海に必要な風を得るため,アウリスいけにえに捧げられた。しかし彼女を憐れんだアルテミスは,最後の瞬間に祭壇の上のいけにえをシカに変え,イフィゲネイアを黒海北岸のタウリスにさらっていって,自分の神殿の女祭司にした。イフィゲネイアは,この蛮族の土地で,異国の旅人を女神にいけにえにする役をつとめて暮したが,最後に弟のオレステスと従兄弟のピュラデスがアルテミス神像を求めてタウリスに来て再会し,彼らと一緒に神像を持って脱走し,ギリシアに帰った。帰国後彼女は,メガラで死んだとも,アルテミスにより女神にされたとも,また至福者の島に行きアキレウスの妻になったともいわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

イフィゲネイア

ギリシア伝説でアガメムノンクリュタイムネストラの娘。トロイア遠征のとき父は彼女を犠牲にするためアウリスに呼び寄せたが,女神アルテミスは彼女を救い出し,タウリスで巫女(みこ)とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イフィゲネイア【Iphigeneia】

ギリシア伝説で,ミュケナイ王アガメムノンと妃クリュタイムネストラの娘。アガメムノンを総大将とするトロイア遠征軍がアウリスに結集したとき,女神アルテミスの怒りによって順風が吹かず艦隊は立ち往生したが,女神の怒りを解くにはイフィゲネイアを人身御供にするほかはないと予言者カルカスが説いたため,彼女はアキレウスとの結婚を口実に呼び寄せられ,アイスキュロスの悲劇《アガメムノン》によれば,父親の手で犠牲に供された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

イフィゲネイア【Iphigeneia】

ギリシャ神話でミュケナイ王アガメムノンと妃クリュタイムネストラの娘。トロイア遠征軍の艦隊が、順風が吹かず立ち往生したとき、父王によって犠牲に供された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イフィゲネイア
いふぃげねいあ
phigeneia

ギリシア神話の英雄アガメムノン王とクリタイムネストラの娘。トロヤ遠征のギリシア艦隊がアウリスに集まったとき、アガメムノンは女神アルテミスを怒らせたので、船は無風のまま立ち往生となった。そこでアガメムノンは預言者カルカスの忠告に従い、イフィゲネイアをアキレウスと結婚させるという口実で説き伏せて、女神への犠牲にしようとした。しかし死の直前に、女神は娘を哀れんで牝鹿(めじか)を身代りにさせ、彼女をさらってタウリスへ連れていった。彼女はタウリスでアルテミスの神官となり、旅人を女神の犠牲にする役目を負った。ある日、弟のオレステスがピラデスとともにタウリスに上陸し、2人とも捕らえられて犠牲にされかけた。2人の素姓を知った彼女は、彼らの罪を清めるという口実で犠牲を中断し、2人とともにギリシアに逃れた。そのとき彼女はアルテミスの神像をアッティカのハライにもたらし、その地で女神の神官として仕えた。
 イフィゲネイアはメガラで世を去り、そこで神格化されたといわれる。また一説では、アルテミスが彼女を不死にし、女神ヘカテと同一化したとも伝えられる。彼女の物語は、悲劇詩人エウリピデスの『アウリスのイフィゲネイア』と『タウリスのイフィゲネイア』の2作に詳しく伝えられている。[小川正広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のイフィゲネイアの言及

【アガメムノン】より

…スパルタ王メネラオス(トロイア王子パリスに誘拐された美女ヘレネの夫)の兄。ヘレネを奪還すべくアウリスに結集したギリシア艦隊の出港時,娘のイフィゲネイアを女神アルテミスへの犠牲に供して,妃クリュタイムネストラの恨みを買った。その10年後,トロイアを陥落せしめ,所期の目的を遂げた彼は,みずからの婢妾としてトロイア王女カッサンドラを伴い,故国に凱旋したが,妃とその情人アイギストスに殺された。…

【クリュタイムネストラ】より

…ヘレネの姉妹。夫がトロイアをめざすギリシア艦隊の出帆を可能ならしめるために娘のイフィゲネイアを犠牲に供したことを恨んだ彼女は,夫の出征中に通じた義理の従兄弟のアイギストスAigisthosと謀り,10年ぶりに凱旋した夫を,婢妾として連れ帰ったトロイア王女カッサンドラもろともに殺害したが,のち息子のオレステスに討たれた。【水谷 智洋】。…

※「イフィゲネイア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イフィゲネイアの関連キーワードアウリスのイフィゲネイアタウリスのイフィゲネイアフォイエルバハギリシャ神話エウリピデスオレステイアエレクトラグルックセビエ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android