イブン・サウード(英語表記)`Abd al-`Aziz ibn `Abd al-Rahman ibn Faisal al Sa`ūd

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブン・サウード
`Abd al-`Aziz ibn `Abd al-Rahman ibn Faisal al Sa`ūd

[生]1880頃.リヤード
[没]1953.11.9. アッターイフ
サウジアラビア王国の建設者 (在位 1932~53) 。「砂漠の豹」と呼ばれた。 1891年南下した北ナジドのイブン・ラシード家にリヤードを占領され,父のアブドゥル・ラフマーンとともにクウェートへ亡命した。 1902年 15名の部下とともにリヤードを奪回し,07年にオスマン帝国から総督の称号を授与され,さらに 20年にはヒジャーズ王国のフセインと戦ってアラビア半島全域を手中に収めた。イフワーンと称する武装宗教団体を創設して領土拡張を行うとともに,厳格な復古主義を奉じるワッハーブ派の宗旨に基づいて王朝を再編成し (→ワッハーブ派運動 ) ,32年には国名をサウジアラビアと改めた。 33年以来,スタンダード・オイル・オブ・カリフォルニア (のちのアラムコ ) をはじめとする欧米の石油会社に採掘権を与え,その権利金が国家の主要な財源となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のイブン・サウードの言及

【アブド・アルアジーズ・ブン・サウード】より

サウジアラビア王国の建設者,初代国王。イブン・サウードIbn Sa‘ūdともよばれる。1889年ラシード家に敗れた父アブド・アッラフマーン‘Abd al‐Raḥmānと共にナジュドを追われた後,クウェートに亡命。…

※「イブン・サウード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android