コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イボクサ

3件 の用語解説(イボクサの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イボクサ

ツユクサ科の一年草。本州〜沖縄,東アジアに分布し,湿地や水辺にはえる。茎は下部枝分れして,高さ30cm内外。広披針形の葉は2列に互生し,基部は短いさやになって茎を抱く。
→関連項目湿生雑草

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イボクサ【Murdannia keisak (Hassk.) Hand.Mazz.】

西南日本の池畔,田のあぜなどに普通にみられる雑草的なツユクサ科の一年草(イラスト)。茎は横にはい,節からひげ根を出す。盛んに分枝し,側枝は立ち上がって葉をつける。葉とともに帯紫色。葉は2列互生,鞘(さや)があり,茎をつつむ。花は8~9月,葉腋(ようえき)に1個つき,外花被片は緑色で宿存性,内花被片は少し紫みを帯びた白色で軟らかく早落性。本州,四国,九州,沖縄,朝鮮半島,中国大陸に分布する。北アメリカにも帰化している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イボクサ
いぼくさ / 疣草
[学]Murdannia keisak (Hassk.) Hand.-Mazz.

ツユクサ科の一年草。茎の下部は地面をはい、節から根を出す。上部は斜上して分枝する。葉は細い披針(ひしん)形で長さ2~7センチメートル、幅4~8ミリメートル、基部は短い葉鞘(ようしょう)となって茎を包む。8~10月に葉腋(ようえき)に1個ずつ花をつける。花柄は長さ2~3センチメートル、萼片(がくへん)は3枚で緑色。花弁も3枚あって淡紅紫色、長さ約5ミリメートル。稔性(ねんせい)の雄蕊(ゆうずい)が3本と仮(か)雄蕊が3本ある。子房は3室。(さくか)は中に数個の種子を入れる。湿地に生え、本州、四国、九州、沖縄、中国、東南アジア、北アメリカに分布する。和名は、この草をつけるといぼ(疣)がとれると俗にいわれることによる。[山下貴司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イボクサの関連キーワード西南日本西南日本外帯西南日本内帯磯蟹勝間田の池血吸蛭平蜘蛛溝隠赤山蟻熊蝉

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イボクサの関連情報