コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イボクサ

百科事典マイペディアの解説

イボクサ

ツユクサ科の一年草。本州〜沖縄,東アジアに分布し,湿地や水辺にはえる。茎は下部枝分れして,高さ30cm内外。広披針形の葉は2列に互生し,基部は短いさやになって茎を抱く。
→関連項目湿生雑草

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イボクサ【Murdannia keisak (Hassk.) Hand.Mazz.】

西南日本の池畔,田のあぜなどに普通にみられる雑草的なツユクサ科の一年草(イラスト)。茎は横にはい,節からひげ根を出す。盛んに分枝し,側枝は立ち上がって葉をつける。葉とともに帯紫色。葉は2列互生,鞘(さや)があり,茎をつつむ。花は8~9月,葉腋(ようえき)に1個つき,外花被片は緑色で宿存性,内花被片は少し紫みを帯びた白色で軟らかく早落性。本州,四国,九州,沖縄,朝鮮半島,中国大陸に分布する。北アメリカにも帰化している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イボクサ
いぼくさ / 疣草
[学]Murdannia keisak (Hassk.) Hand.-Mazz.

ツユクサ科の一年草。茎の下部は地面をはい、節から根を出す。上部は斜上して分枝する。葉は細い披針(ひしん)形で長さ2~7センチメートル、幅4~8ミリメートル、基部は短い葉鞘(ようしょう)となって茎を包む。8~10月に葉腋(ようえき)に1個ずつ花をつける。花柄は長さ2~3センチメートル、萼片(がくへん)は3枚で緑色。花弁も3枚あって淡紅紫色、長さ約5ミリメートル。稔性(ねんせい)の雄蕊(ゆうずい)が3本と仮(か)雄蕊が3本ある。子房は3室。(さくか)は中に数個の種子を入れる。湿地に生え、本州、四国、九州、沖縄、中国、東南アジア、北アメリカに分布する。和名は、この草をつけるといぼ(疣)がとれると俗にいわれることによる。[山下貴司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イボクサの関連情報