コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イルマン irmão[ポルトガル]

世界大百科事典 第2版の解説

イルマン【irmão[ポルトガル]】

伊留満,入満とも書く。〈神弟〉〈兄弟〉を意味するキリシタン用語。イエズス会の修道者のうち,司祭職にある者をパードレpadreといい,パードレを補佐する者をイルマンといった。キリシタン時代,イルマンを経てパードレに叙階されるのがふつうであった。また,信者の協働組織であるコンフラリアconfraria(組,講)の構成員もイルマンといった。【岸野 久】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イルマン
いるまん
irmo

カトリック教会の修道士。キリシタン時代(16世紀中期~17世紀中期)にはそれをポルトガル語でイルマン(兄弟)と称した。正しくはイルモンとかイルマンウに近い音だが、日本人は「伊留満」の字をあてた。従順、貞潔、清貧の三誓願をたてて修道院で共同生活をする男子の総称で、そのうち多くの人が司祭、すなわちバテレン伴天連。神父を意味するポルトガル語のパードレが転訛(てんか)したもの)の位にあげられた。1591年(天正19)を例にとると、在日イエズス会員は142人で、そのうち約3分の2がイルマンであった。[松田毅一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イルマンの関連キーワードブルックス(Cleanth Brooks)ハリエット アンデショーンキリシタン関係主要人名ヨセフソン エルランドビビ アンデショーンウェスリー イノックバテレン(伴天連)キリシタン用語集木村セバスチャンリーブ ウルマン耶蘇会士日本通信木村レオナルド転びキリシタンミサイルマン千々石ミゲル二十六聖人三木パウロパウロ三木ノビシアド伊曽保物語

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android