コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イルマン irmão[ポルトガル]

2件 の用語解説(イルマンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イルマン【irmão[ポルトガル]】

伊留満,入満とも書く。〈神弟〉〈兄弟〉を意味するキリシタン用語。イエズス会の修道者のうち,司祭職にある者をパードレpadreといい,パードレを補佐する者をイルマンといった。キリシタン時代,イルマンを経てパードレに叙階されるのがふつうであった。また,信者の協働組織であるコンフラリアconfraria(組,講)の構成員もイルマンといった。【岸野 久】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イルマン
いるまん
irmo

カトリック教会の修道士。キリシタン時代(16世紀中期~17世紀中期)にはそれをポルトガル語でイルマン(兄弟)と称した。正しくはイルモンとかイルマンウに近い音だが、日本人は「伊留満」の字をあてた。従順、貞潔、清貧の三誓願をたてて修道院で共同生活をする男子の総称で、そのうち多くの人が司祭、すなわちバテレン伴天連。神父を意味するポルトガル語のパードレが転訛(てんか)したもの)の位にあげられた。1591年(天正19)を例にとると、在日イエズス会員は142人で、そのうち約3分の2がイルマンであった。[松田毅一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イルマンの関連キーワードエスケープキー俗字角通戯訓去年従兄弟論弁伊留満片名

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イルマンの関連情報