コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワサザイ Acanthisittidae; New Zealand wrens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イワサザイ
Acanthisittidae; New Zealand wrens

スズメ目イワサザイ科の鳥の総称。全長 8~10cm。ニュージーランドにのみ分布する。4種からなるが,そのうち 2種はマオリ族が移住してきてから絶滅し,現生種は灰褐色の地味なミドリイワサザイ Acanthisitta chloris と全身オリーブ色のイワサザイ Xenicus gilviventris だけである。林内の地上や岩陰,巨木の根の陰などを伝うように動き回る。標高 900~2400mの高山に一年中生息するが,移入された哺乳類の捕食にあって減少し,高山の環境に近い島に放されて保護がはかられている。体形はミソサザイに似るが,類縁関係が近いわけではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワサザイ
いわさざい
New Zealand wren

鳥綱スズメ目イワサザイ科に属する鳥の総称。同科Xenicidaeの仲間は、ニュージーランド固有の鳥で4種が知られるが、そのうち1種は絶滅している。現存する3種は全長8~10センチメートル、全体に暗緑色またはオリーブ褐色をしている。尾は非常に短く、嘴(くちばし)は細くて足は長めである。「サザイ」という名がついているが、ミソサザイよりもヤイロチョウに近い外観をしている。単独または小群で森林や低木林にすみ、枝葉や幹や岩を移動しながら、昆虫やクモをとって食べる。岩の割れ目や幹の裂け目などに、側面に入口のある球状の巣をつくり、2~5個の卵を産む。抱卵、育雛(いくすう)は雌雄で行う。[樋口広芳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イワサザイの関連キーワードXenicus gilviventrisAcanthisitta chlorisイワサザイ(岩鷯)ヤイロチョウ緑岩鷦鷯藪鷦鷯岩鷦鷯

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android