コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワシ(鰯)(読み)イワシ

百科事典マイペディアの解説

イワシ(鰯)【イワシ】

ニシン科のマイワシ,ウルメイワシ科のカタクチイワシウルメイワシなどの総称。代表的なマイワシは全長20cm余。背面は暗青色,体側に7個内外の小黒斑が並ぶことからナナツボシとも呼ばれる。サハリン南部〜九州,沿海州,朝鮮半島に分布する沿岸性の表層回遊魚。定置網,巾着(きんちゃく)網など漁法がいろいろある。 イワシは,江戸時代にその製品である干鰯(ほしか)や〆かす金肥(きんぴ)と呼ばれるほど重要な産物で,大正時代に合成肥料が開発されるまで,米や綿などの農作物の肥料として大きな役割を果たしていた。その後,第2次世界大戦前には魚油の原料としての需要が高まり,現在では養殖魚の餌としたり,フィッシュミール(魚粉)に加工して家畜飼料としてほとんどが消費されている。食用とされる割合は低い。 大きな群れを作って回遊するイワシは,江戸時代から今日まで日本の漁業を支えてきたが,その間も,およそ数十年から100年を周期として増減を繰り返してきた。1930年前後には日本全国で十数年にわたって豊漁が続いたマイワシが,1965年に史上最低の1万tを切った。その後,1973年以降急上昇し,1978年には第2次大戦前の最高水準を超えて164万tに達した。その後1980年代には数年間にわたって年間400万t以上の漁獲量となり,日本の総漁獲量の3割以上を占めていたマイワシは,史上最高を記録した1988年の450万tをピークに1990年代に入って急減した。1992年には222万tと半減,1994年には119万tとピーク時の4分の1近くに減少,翌1995年には70万tを割っている。水産庁中央水産研究所は1992年4月,マイワシ資源が1988年をピークに減少期に入ったという見解を発表した。 資源減少の原因には乱獲,環境の変化,魚種の交替など諸説あるが,解明にはいたっていない。多獲性大衆魚であったマイワシ資源の減少は価格の高騰を招き,養殖業や畜産業にまで大きな影響を及ぼしている。→沖合漁業
→関連項目サーディン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android