コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワタケ(岩茸) イワタケGyrophora esculenta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イワタケ(岩茸)
イワタケ
Gyrophora esculenta

イワタケ科に属する葉状地衣類の1種。本州,四国,九州および朝鮮半島に分布。高山の中腹や山地の岩石上に生じる。円形または楕円形に広がり,裏面中央の突出部で着生する。革質で直径 10cmに及ぶ。表面は灰褐色。裏面は暗褐色,短い刺毛を密生する。髄層は白色。食用とする。なお高山にはタカネイワタケ G. vellaと称する類似種がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イワタケ【イワタケ(岩茸) Umbilicaria esculenta (Miyoshi) Mink.】

深山の岩上に生えるイワタケ科の葉状地衣類。裏面中央部の臍状体(さいじようたい)で付着する。地衣体は直径3~10cm(まれに30cm)に広がリ,上方に巻き上がる。表面は褐色で平滑,裏面は黒色で全体に黒い短い仮根が密生する。乾くと上方に巻き上がってかたいが,水にぬれると灰緑色でやわらかい。子器は地衣体表面にまれに生じ,黒色で,表面はうず巻状,直径1~2mm,胞子は無色1室。日本固有種で北海道から九州に分布し,食用地衣となり,秩父地方や愛媛県の面河渓(おもごけい)のイワタケ採りは有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android