コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

面河渓 おもごけい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

面河渓
おもごけい

愛媛県中部久万高原町面河地区,仁淀川の上流の面河川に沿う渓谷名勝で,石鎚国定公園に属する。入口にあたる関門から魚止滝付近まで約 10kmにわたる壮年期の浸食地形で,断崖絶壁をなす。多くの景勝地があり,関門付近の板状節理,渓泉亭前の甌穴 (おうけつ) なども有名。地学,植物・動物学上の天然の博物館である。石鎚山への裏登山口で,1970年石鎚スカイラインが完成。旅館,国民宿舎などの施設もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

面河渓【おもごけい】

愛媛県上浮穴(かみうけな)郡久万高原町,石鎚山に発する面河川上流の渓谷。江戸時代には面子とも記され,明治末年から観光地として注目された。下流の関門から魚止滝まで約7kmにわたり壮年期の浸食地形を呈し,絶壁,滝が多く,原始林もみごとである。
→関連項目四国山地仁淀川

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おもごけい【面河渓】

愛媛県東部,上浮穴(かみうけな)郡面河村にあり,石鎚山に源を発する面河川流域の渓谷。標高1500m以上の壮年期の険しい山地に囲まれ,御来光滝,虎が淵などの滝と淵,早瀬の連続するV字谷となって流下する。花コウ岩,安山岩上を流れる渓流は1933年に名勝に指定され,55年石鎚国定公園に含まれた。【門田 恭一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おもごけい【面河渓】

愛媛県中南部、石鎚いしづち山に発する面河川上流部の渓谷。10キロメートルにわたって多くの滝や淵・断崖が連なる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕面河渓(おもごけい)


愛媛県中部、二淀(によど)川上流部の面河川上流にある渓谷。長さ約10km。花崗(かこう)岩を浸食した深いV字谷で、滝・深淵(しんえん)・早瀬や、大岩壁の亀腹(かめばら)、五色河原(ごしきがわら)などの景勝地が連なる。国指定の名勝。渓谷沿いにツガ・ブナなどの天然林があり、新緑・紅葉期の渓谷美で知られる。石鎚(いしづち)国定公園に属する。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

面河渓
おもごけい

四国の最高峰石鎚(いしづち)山の南麓(なんろく)を源流とする面河川上流部の渓谷。国の名勝。周囲を1500メートル以上の壮年期山地に囲まれ、滝や早瀬、淵(ふち)、曲流の連続するV字谷をなす。典型的な渓谷美景観を備え、1955年(昭和30)石鎚国定公園に指定された。渓谷下流の関門では、両輝石安山岩の板状節理が河川侵食により比高70メートルに達する絶壁となっている。関門の上流の想思渓では、安山岩の黒色から花崗(かこう)岩の白色に岩石が交代している。さらに上流には、高さ100メートル、幅200メートルにわたって花崗岩の大岩壁が露出した亀腹(かめばら)をはじめとして、渓谷の長さ10キロメートル足らずの間に、五色河原、蓬莱(ほうらい)峡、紅葉河原、下熊淵(しもくまふち)、虎ヶ淵(とらがふち)、御来光滝などの景勝地がある。[深石一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

面河渓の関連キーワード愛媛県上浮穴郡久万高原町若山四国カルスト県立自然公園愛媛県上浮穴郡久万高原町イワタケ(岩茸)久万高原(町)面河山岳博物館面河〈村〉面河[村]イワタケ天然林深淵小田

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

面河渓の関連情報