コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

面河渓 おもごけい

7件 の用語解説(面河渓の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

面河渓
おもごけい

愛媛県中部久万高原町面河地区,仁淀川の上流の面河川に沿う渓谷。名勝で,石鎚国定公園に属する。入口にあたる関門から魚止滝付近まで約 10kmにわたる壮年期の浸食地形で,断崖,絶壁をなす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おもご‐けい【面河渓】

愛媛県、石鎚山を源とし南流する面河川の渓谷。断崖や甌穴(おうけつ)が多く、景勝地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

面河渓【おもごけい】

愛媛県上浮穴(かみうけな)郡久万高原町,石鎚山に発する面河川上流の渓谷。江戸時代には面子とも記され,明治末年から観光地として注目された。下流の関門から魚止滝まで約7kmにわたり壮年期の浸食地形を呈し,絶壁,滝が多く,原始林もみごとである。
→関連項目四国山地仁淀川

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おもごけい【面河渓】

愛媛県東部,上浮穴(かみうけな)郡面河村にあり,石鎚山に源を発する面河川流域の渓谷。標高1500m以上の壮年期の険しい山地に囲まれ,御来光滝,虎が淵などの滝と淵,早瀬の連続するV字谷となって流下する。花コウ岩,安山岩上を流れる渓流は1933年に名勝に指定され,55年石鎚国定公園に含まれた。【門田 恭一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おもごけい【面河渓】

愛媛県中南部、石鎚いしづち山に発する面河川上流部の渓谷。10キロメートルにわたって多くの滝や淵・断崖が連なる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕面河渓(おもごけい)


愛媛県中部、二淀(によど)川上流部の面河川上流にある渓谷。長さ約10km。花崗(かこう)岩を浸食した深いV字谷で、滝・深淵(しんえん)・早瀬や、大岩壁の亀腹(かめばら)、五色河原(ごしきがわら)などの景勝地が連なる。国指定の名勝。渓谷沿いにツガ・ブナなどの天然林があり、新緑・紅葉期の渓谷美で知られる。石鎚(いしづち)国定公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

面河渓
おもごけい

四国の最高峰石鎚(いしづち)山の南麓(なんろく)を源流とする面河川上流部の渓谷。国の名勝。周囲を1500メートル以上の壮年期山地に囲まれ、滝や早瀬、淵(ふち)、曲流の連続するV字谷をなす。典型的な渓谷美景観を備え、1955年(昭和30)石鎚国定公園に指定された。渓谷下流の関門では、両輝石安山岩の板状節理が河川侵食により比高70メートルに達する絶壁となっている。関門の上流の想思渓では、安山岩の黒色から花崗(かこう)岩の白色に岩石が交代している。さらに上流には、高さ100メートル、幅200メートルにわたって花崗岩の大岩壁が露出した亀腹(かめばら)をはじめとして、渓谷の長さ10キロメートル足らずの間に、五色河原、蓬莱(ほうらい)峡、紅葉河原、下熊淵(しもくまふち)、虎ヶ淵(とらがふち)、御来光滝などの景勝地がある。[深石一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

面河渓の関連キーワード伊予川上峡赤来〈町〉宇和〈町〉小田〈町〉愛媛県北宇和郡鬼北町川上河辺〈村〉重信〈町〉愛媛県今治市関前仁淀〈村〉

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

面河渓の関連情報