インクライン(英語表記)incline

翻訳|incline

百科事典マイペディアの解説

インクライン

標高差の大きい二つの水路の間の輸送を容易にするための装置。普通,レールを敷いてワイヤロープで船などを載せた台車を昇降させる。琵琶湖疎水に設けられた京都市の南禅寺〜蹴上(けあげ)間のものはそのよく知られた一例だが現在は使われていない。運河間などで,かつて各地で設置・利用されたが,リフトの発達や他の輸送機関の発達もあって最近はあまり作られない。
→関連項目宮ヶ瀬ダム

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

インクライン【incline】

傾斜面にレールを敷き、船舶・荷物などを台車にのせて引き上げる設備。京都市東山区蹴上けあげにあったものが有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のインクラインの言及

【ケーブルカー】より

… ケーブルカーは19世紀後半,山岳観光の普及に伴ってスイス地方で発展,日本では旅客用としては1918年奈良県生駒山につるべ式のケーブルカーが開通したのが最初である。ただし鉱山用の循環式は明治年間から広く用いられており,また琵琶湖疎水の完成(1890)に当たり,京都市蹴上(けあげ)に設置されたインクラインは,車両上に舟を積みとる大規模な循環式ケーブルカーであり,遺構は保存・展示されている。【中川 浩一】【八十島 義之助】。…

【琵琶湖疎水(琵琶湖疏水)】より

…同発電所は日本最初の一般営業用水力発電所で,95年にはこの電力によって日本最初の市電が走り,西陣ほか市内の工場の電化に役立つなど,琵琶湖疎水事業は京都市の近代化に大きく貢献した。また発電と舟運を両立させるため,蹴上には舟をレールに乗せて急こう配の斜面を引きあげるインクラインが設置された。第1疎水の成功後,水力発電の増強と水道用水確保のため,1908年に第2疎水の工事に着手,12年に完成し,前後して蹴上浄水場も建設された。…

※「インクライン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インクラインの関連情報