インサラー(英語表記)In Salah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インサラー
In Salah

アインサラー Aïn Salahともいう。アルジェリアのほぼ中心に位置するオアシスの都市。首都アルジェ南方 1070km,タデマイト高原の南麓に位置する。アフリカの南北を結ぶ重要な隊商路上の中心地であったが,最近は遊牧のトゥアレグ族が訪れる程度。地名は「よい井戸」の意で,掘抜き井戸から給水し,ナツメヤシを生産する。人口2万 733 (1987推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

イン‐サラー(In Salah)

アルジェリア中央部のオアシス都市。アラビア語名アインサラーフ。古くから地中海とスーダンを結ぶ隊商路の中継地として知られ、現在も交通の要地であり、空港もある。フォガラという地下水路の灌漑(かんがい)を利用し、ナツメヤシ、穀物の生産が盛ん。近郊に同国最大級の油田・ガス田がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android