コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インダンスレン インダンスレン indanthrene

2件 の用語解説(インダンスレンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インダンスレン
インダンスレン
indanthrene

単にスレン染料ともいう。アントラキノン系芳香族多環構造をもつ。堅牢な建染め染料 (バット染料) の一群の総称。主として木綿に使われるが,紙や絹,羊毛に使われるものもある。色相が鮮明でしかも豊富であり,アゾ染料と並んで重要な位置を占めるが製造がむずかしく,価格は比較的高価である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

インダンスレン【indanthrene】

化学名はインダントロンindanthrone。黒みがかった青色粉末で建染染料の一種。1901年ドイツボーンR.Bohnにより発明された最初のインダンスレン染料で,現在も青色建染染料(インダンスレンブルーRSまたはRSN)および高級有機顔料として使用されている。日光,洗濯に対して最高の堅牢度をもつ。2‐アミノアントラキノンまたは1‐アミノアントラキノンのアルカリ融解で生成する。(化学式) 工業製法としては,2‐アミノアントラキノンを苛性カリおよび無水酢酸ナトリウムから成る融解剤中で酸化縮合する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のインダンスレンの言及

【合成染料】より

…しかし工業的な意味では,繊維を染色する染料,着色を目的とする有機顔料においては,天然染料は完全に合成染料に置きかえられてしまった。合成染料は1856年イギリスのW.H.パーキンがアニリンから赤紫色染料モーブを合成したのが端緒になり,80年にはドイツのJ.F.W.A.vonバイヤーにより天然の藍の主成分であるインジゴが合成され,4年後にはベッティガーP.Böttigerにより赤色の直接アゾ染料であるコンゴーレッドが,さらに1901年にはドイツのボーンR.Bohnにより青色の高級建染染料であるインダントロン(インダンスレン)の合成が行われた。これらはいずれも,合成染料の歴史上画期的な出来事であった。…

※「インダンスレン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

インダンスレンの関連キーワードバイオトロンイントロンイントロフロントローインテンダントエレクトロン焼夷弾トロント交響楽団ハイストロングフロントロールエントリーインダントロン

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone