コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インテルメッツォ インテルメッツォ 〈イタリア〉intermezzo

6件 の用語解説(インテルメッツォの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

インテルメッツォ(〈イタリア〉intermezzo)

演劇や歌劇の幕間に息ぬきとして演じられる軽い劇、または音楽。幕間劇。幕間狂言。
間奏曲。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

インテルメッツォ

間奏曲

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

インテルメッツォ

ドイツの作曲家リヒャルト・シュトラウスのドイツ語による全2幕のオペラ(1924)。原題《Intermezzo》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

インテルメッツォ【intermezzo】

イタリアのルネサンス期,15世紀から16世紀にかけて盛んに演じられた〈間(あい)狂言〉とも称すべき寸劇で,まじめな主題を扱った劇やオペラの幕間に演じられた。〈中間の〉を意味するラテン語から転化したイタリア語。軽快な,喜劇的要素を含み,最初期には音楽的性格が強かった。のちには神話や伝説に題材を取ったものが多くなり,独立した演劇の一形態をなすにいたった。イギリスインタールードフランスの〈アントルメentremets〉,スペインの〈エントレメスentremés〉なども同様の演劇形式である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

インテルメッツォ【intermezzo】

間奏曲。また、間奏曲風の独立曲。
劇・オペラなどの幕間の演芸。幕間狂言。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インテルメッツォ
いんてるめっつぉ
intermezzoイタリア語

曲の種類の名。時代により内容が異なる。
(1)16世紀を中心に行われた幕間(まくあい)の音楽。喜劇や悲劇の幕間に、観客の気分を変えるために演奏され、しばしば田園風や神話風の物語を歌い演じた。15世紀末に始まり17世紀に至るまで、おもにイタリアで行われた。1539年と89年にフィレンツェで上演されたものはとくに名高い。インテルメディオintermedioともいう。
(2)18世紀にイタリアのオペラ・セリアの幕間に行われた音楽喜劇。まじめなオペラに対し、滑稽(こっけい)な性格をもち、18世紀前半にはオペラ・ブッファとして独立したが、その契機となったのはペルゴレージの『奥様女中』(1733)である。フランスではアンテルメード(バレエを中心に音楽を伴うもの)として独自の展開をし、スペインではインテルメッツォからトルナディーリャ(民衆の姿を描いて風刺に富んだ小規模な喜歌劇)が生まれた。
(3)19世紀の器楽曲における挿入的な短い楽章。また、ブラームスの作品に代表される、ピアノ曲などにつけられた叙情的な器楽の小品名。[今谷和徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のインテルメッツォの言及

【間奏曲】より

…(3)劇やオペラの幕間に奏される劇間音楽で,通例,器楽曲。17世紀後半以降,インテルメッツォintermezzo,アクト・チューンact‐tune,アントラクトentr’acteなどの名でも呼ばれ,シューベルトの《ロザムンデ》,メンデルスゾーンの《真夏の夜の夢》などの間奏曲は代表的なものである。これらは単独に演奏されることも多い。…

※「インテルメッツォ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

インテルメッツォの関連キーワードルネルネサンスルネサンス美術カロリングルネサンスプレトリア広場ルネサンス様式イタリア・ルネサンス《イタリア・ルネサンスの文化》ルネサンス演劇フェッラーラ:ルネサンス期の市街とポー川デルタ地帯

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

インテルメッツォの関連情報