コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インド憲法 インドけんぽう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インド憲法
インドけんぽう

1949年 11月公布,50年1月施行。 1935年のインド自治法とインド独立法 (1947) を継承したもので,22編,359条で9付則から成り,これまでに 70回以上も改正された。主権在民の共和国であることが明示されている。大統領は行政府の長であるが,連邦首相は立法府の長であり,後者が前者に優先する。最大の特徴は連邦・州から成るインド型連邦制を打出した点にあり,政治形態としては議院内閣制をとる。また,インドがヒンドゥー多数国家であるにもかかわらず信教の自由を掲げ,政教分離主義 Secularismを原則としている。憲法条項に関する改正は下院で3分の2以上の賛成を必要とするが,通常の議案は過半数の議決による。憲法改正回数が多いのは,宗主国イギリスが慣習法国家であったこと,300年以上に及ぶ植民地支配下で形成された法慣習を背景にして,憲法条項は細則までも包括せざるをえない事情があったためである。現在,非常事態期 (75~77) に強行された改悪 (行政府と立法府の優位などを定めた) の是正が望まれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

インド憲法の関連キーワードV.A.J.H. リンリスゴーインドの言語指定カーストインド人民党カースト制度インド諸語国民会議派不可触民留保制度指定部族

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インド憲法の関連情報