コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イーゴリ軍記 イーゴリぐんきSlovo o polku Igoreve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イーゴリ軍記
イーゴリぐんき
Slovo o polku Igoreve

ロシアの古代叙事詩。作者も作者の身分も不明だが,現在では,イーゴリ公 (1151~1202) あるいはキエフの大公スビャトスラフに仕えていた吟遊詩人か従士の一人の作と考えられている。成立年も 1185~87年頃と考えられるが正確にはわかっていない。 1790年頃ある写本収集家によって偶然発見された。その写本は 1812年のナポレオン軍の侵入によるモスクワの大火で焼失。現在残るのは 1796年に書き写された写本原稿と,1800年にモスクワで刊行された最初の活字本だけである。内容は,1185年イーゴリ公が軍を率いてポロベツ族の討伐に遠征したときの事件をうたったもので,ロシア年代記にも記録されている。独特のリズムをもった詩的言語と口碑的様式とを混然と融合させて,ロシア軍の敗北の原因が大公たちの内紛であると指摘しつつ,ロシア民族の統一を呼びかけ,一方では,イーゴリ公の妻の嘆きと祈りを抒情的繊細さをこめてうたいあげ,「古代ロシア文学の真珠」的な作品となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

イーゴリぐんき【イーゴリ軍記】

《原題、〈ロシア〉Slovo o polku Igoreve》ロシアの叙事詩。作者未詳。12世紀末成立。イーゴリ公率いるロシア同盟軍の遊牧民討伐の史実を骨子とし、ロシア統一を訴えたロシア中世文学の代表作。ボロディン作曲のオペラ「イーゴリ公」はこれに基づく。イーゴリ遠征物語

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

イーゴリ軍記【イーゴリぐんき】

ロシアの中世叙事詩。《Slovo o polku Igoreve》。1185年―1188年の作だが,作者は不明。ノブゴロド公イーゴリの遊牧民ポロベツ討伐(1185年)に寄せてロシア統一の思想を語る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イーゴリぐんき【イーゴリ軍記 Slovo o polku Igoreve】

キエフ・ロシアの叙事文学の代表的作品。南ロシアの諸公のひとりイーゴリIgor’(1151‐1202)が1185年にチュルク系遊牧民ポロベツ族に対して行ったステップへの遠征を題材としている。戦いに敗れて捕らえられたイーゴリがロシアへ帰還したのち,遅くとも87年までに成立した。作者の名前と身分は不明。作者は上記史実の文学的記述に加えるに,父祖の公たちの輝かしい事跡を回顧し,イーゴリの敗北と異民族の侵入という災いをもたらす原因となった諸公間の内紛を非難しつつ,〈ルーシの地のため〉奮起するよう個々の公を名ざしながら呼びかける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

イーゴリぐんき【イーゴリ軍記】

叙事詩。作者未詳。一二世紀末成る。1185年、ロシアに侵攻した遊牧民討伐のためにイーゴリ(1151~1202)の率いるロシア軍の行なった行軍を題材とし、ロシア民族の統一を訴える。ロシア中世文学の代表的作品。ボロディンのオペラ「イーゴリ公」はこの詩に取材。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のイーゴリ軍記の言及

【キエフ・ロシア】より

…モノマフ公のような文武両道の英主も人気があった。その反面1185年ポロベツ人の捕虜になって脱走,生還したイーゴリ公を神の名において祝福する《イーゴリ軍記》のような作品も生まれた。長兄の刺客に無抵抗で殺され,十字架の死に至る従順さを貫き通したボリスとグレープの兄弟(ウラジーミル聖公の子)の物語も好まれた。…

【ポロベツ人】より

…それ以来ロシア,ハンガリー,ビザンティン帝国にたびたび侵入したが,とくに11世紀末,先住のペチェネグ族を滅ぼしてからは,ロシアとの敵対的関係が激化した。ロシアの英雄叙事詩《イーゴリ軍記》は,このポロベツ人とロシア人との戦いをテーマにしたものである。1220年代に侵入を開始したモンゴル人の前に敗れ,一部はハンガリー方面に逃れて,そこで17世紀ごろまで独自の生活様式を維持していた。…

【ロシア文学】より

…それゆえ11世紀から13世紀半ばに至る200年間は〈キエフ時代〉と呼ばれている。この時期の代表的作品は《原初年代記》(《過ぎし年月の物語》)と《イーゴリ軍記》(《イーゴリ遠征物語》)である。前者は11世紀半ばからキエフの修道士たちによって書きつがれ,12世紀の10年代に完成したもので,さまざまな資料や異教時代の伝説を取り入れ,文学的価値の高い部分が多い。…

※「イーゴリ軍記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イーゴリ軍記の関連キーワードノブゴロド・セベルスキーニコライ ザボロツキーキエフ・ロシアウクライナ文学ロシア文学ポロベツ人

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android