イーゼンハイム祭壇画(読み)イーゼンハイムさいだんが(英語表記)Isenheim altarpiece

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イーゼンハイム祭壇画
イーゼンハイムさいだんが
Isenheim altarpiece

フランス,アルザス地方のコルマールのウンターリンデン美術館に所蔵される,M.グリューネワルトの祭壇画。彼の主作品であるばかりでなく,ドイツ美術の代表的傑作。 1513~15年,イーゼンハイム修道院のために描かれ,ニコラウス・フォン・ハーゲナウによる彩色丸彫彫刻とともに,大規模な祭壇飾りを構成している。可動式多翼祭壇飾りの形式をとり,観音開きとなっている。閉じられた状態では,中央に十字架のキリスト,左右に聖アントニウス,聖セバスチアヌス,下部にピエタが描かれている。開かれた状態では,中央が聖母子と奏楽の天使,左右に聖告と復活。さらに翼部を開くと,聖アントニウスの誘惑その他が描かれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

イーゼンハイムさいだんが〔‐サイダングワ〕【イーゼンハイム祭壇画】

《原題、〈ドイツ〉Isenheimer Altarグリューネワルト絵画。板に油彩。中央パネルの大きさは縦269センチ、横307センチ。アルザス地方のイーゼンハイムにある修道院の礼拝堂の祭壇画として制作。キリストの磔刑を描いている。コルマル、ウンターリンデン美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イーゼンハイム祭壇画
いーぜんはいむさいだんが

1513~15年、グリューネワルト作。板に油彩。フランス、コルマルのウンターリンデン美術館所蔵。アルザス地方イーゼンハイムの聖アントニウス教団修道院のためにつくられたこの祭壇は、中央の部分で観音開きになる二重の扉式祭壇で、扉の表裏と台座の部分に宗教画が描かれている。扉を全部閉めた第一の場面(269.2センチメートル×307.3センチメートル)は、磔刑(たっけい)像を中心とするが、画像は全身腐敗し始めた傷に覆われ、絶望的な死が表現されている。その画面を左右に開くと、場面は一転して聖告(左扉)、降誕(中央)、復活(右扉)の目覚ましい生の歓喜にとってかわる。劇的な精神の高揚を促すゲルマン的造形の特質がここにある。第三の場面は、聖アントニウスの画像(左右扉)および彫像(中央)であるが、彫像はハーゲナウNikolaus von Hagenau(1460ころ―1538ころ)の作と推定されている。[野村太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる