コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィルバーフォース Wilberforce, William

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィルバーフォース
Wilberforce, William

[生]1759.8.24. ヨークシャー,ハル
[没]1833.7.29. ロンドン
イギリスの政治家,社会事業家。 1780年から 45年間にわたって下院議員をつとめた。友人ピット (小) の政権を支持。 85年に福音主義キリスト教に回心してからは社会改良事業に尽力。 87年に創設された奴隷貿易廃止委員会と密接に協力。以後奴隷貿易と奴隷制度廃止に献身。 1823年 T.バクストンに提言して反奴隷制協会を結成させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ウィルバーフォース

英国の奴隷解放運動家。1780年下院議員となり,人道主義と福音主義の立場から奴隷解放運動を展開。ピット(小)の援助も得て,1807年帝国内の奴隷貿易廃止成功
→関連項目奴隷廃止運動

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウィルバーフォース【William Wilberforce】

1759‐1833
奴隷貿易廃止論者として知られるイギリスの政治家。福音主義の影響をうけ,トマス・クラークソンや小ピットの支援をうけて,1787年以来議会内で奴隷貿易廃止のキャンペーンをはる。89年に院内に委員会を設置,91年奴隷貿易廃止法案を提案するが否決される。しかし,その後もねばり強く運動を続け,1807年ついに同法を成立させた。だが,彼自身はほんらい奴隷制そのものの廃止にはむしろ反対であったから,以後の奴隷解放運動では,23年にバクストンを中心に結成された〈奴隷制反対協会〉の副会長となった以外は目立った活動をしなかった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ウィルバーフォース【William Wilberforce】

1759~1833) イギリスの政治家。奴隷貿易の廃止に成功。死の直後、奴隷解放法が制定された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィルバーフォース
うぃるばーふぉーす
William Wilberforce
(1759―1833)

イギリスの政治家。博愛主義的改革の推進者で、奴隷貿易・奴隷制廃止運動家。ケンブリッジ大学で学んだのち、若くして下院議員となり、友人である小ピットを支持した。1784年ごろからミルナーIsaac Milner(1750―1820)を通して福音(ふくいん)主義の影響を強く受け、刑法の改正に尽力する一方、国民の道徳的教化のための組織、通称Proclamation Societyを設立した。1787年、奴隷貿易廃止運動の議会指導者となり、奴隷貿易業者の抵抗とフランス革命期の政界の保守的ムードを克服して、1807年に奴隷貿易廃止法を成立させた。人道主義的な改革を求める福音主義者のグループ「クラパム派」の中心人物の一人として、奴隷制廃止運動、海外の宣教運動などに活躍した。彼が死亡した1833年、イギリス帝国全域で奴隷制が廃止された。[青木 康]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のウィルバーフォースの言及

【アフリカ】より

…人道主義に由来する奴隷制反対運動は,早くも1787年にイギリスで奴隷貿易廃止委員会を設立するというかたちで具体化された。その後同委員会の指導者であるW.ウィルバーフォース下院議員らの努力により,1807年にイギリスで奴隷貿易禁止令が成立し,その影響で同年にアメリカが,14年にオランダが,15年にフランスが,それぞれ奴隷貿易を禁止した。さらにイギリスは33年にいたって奴隷制そのものを廃止したばかりでなく,強大な海軍力を背景に盛んに海上パトロールを行うなどして,奴隷貿易を実力で阻止しようと試みた。…

※「ウィルバーフォース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウィルバーフォースの関連キーワードハクスリー(Thomas Henry Huxley)ウェブスター(Ben Webster)クロード・B. ジョーンズジョージ・A. ラッセルキングストンアポンハルフランク フォスターホレス ヘンダーソン奴隷貿易廃止委員会ハル(イギリス)ダーウィニズムアフリカ史クラパム派8月24日ハクスリー直後

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android