ウィンドワード諸島(読み)ウィンドワードしょとう(英語表記)Windward Islands

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィンドワード諸島
ウィンドワードしょとう
Windward Islands

西インド諸島東部,小アンティル諸島南東部の島群。北緯 15°以南,北からマルティニーク島セントルシア島,セントビンセント島グレナディーン諸島グレナダ島から成る。熱帯貿易風帯にあり,概して東斜面は多雨熱帯雨林におおわれるが,風下の西斜面は乾燥し,疎林になっている。主産業は農業で,ほかに林業,漁業も行われるが,近年観光業が重要となりつつある。ウィンドワードは「風上の」の意であるが,これは東からの貿易風に対して,北のリーワード (「風下の」の意) 諸島より風上にあることから名づけられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィンドワード諸島
うぃんどわーどしょとう
Windward Islands

カリブ海東部、小アンティル諸島南部の列島。マルティニーク島(フランス領)、およびグレナダ島、ドミニカ島、セント・ルシア島、セント・ビンセント島などからなる。小アンティル諸島の北部はリーワード(風下)諸島、南部はウィンドワード(風上)諸島とよばれるが、この地域の風向きを示しているわけではない。この地域で卓越する貿易風は北東あるいは東から吹く。大部分の島は火山島で山がちである。貿易風の影響を受けて、風上斜面は雨量が多く森林に覆われている。低地の肥沃(ひよく)な土壌を利用し、輸出用のサトウキビ、バナナ、スパイス、カカオが栽培される。もっとも重要な産業は観光である。[菅野峰明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android