コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィンドワード諸島 ウィンドワードしょとうWindward Islands

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィンドワード諸島
ウィンドワードしょとう
Windward Islands

西インド諸島東部,小アンティル諸島南東部の島群。北緯 15°以南,北からマルティニーク島セントルシア島,セントビンセント島,グレナディーン諸島グレナダ島から成る。熱帯貿易風帯にあり,概して東斜面は多雨熱帯雨林におおわれるが,風下の西斜面は乾燥し,疎林になっている。主産業は農業で,ほかに林業,漁業も行われるが,近年観光業が重要となりつつある。ウィンドワードは「風上の」の意であるが,これは東からの貿易風に対して,北のリーワード (「風下の」の意) 諸島より風上にあることから名づけられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィンドワード諸島
うぃんどわーどしょとう
Windward Islands

カリブ海東部、小アンティル諸島南部の列島。マルティニーク島(フランス領)、およびグレナダ島、ドミニカ島、セント・ルシア島、セント・ビンセント島などからなる。小アンティル諸島の北部はリーワード(風下)諸島、南部はウィンドワード(風上)諸島とよばれるが、この地域の風向きを示しているわけではない。この地域で卓越する貿易風は北東あるいは東から吹く。大部分の島は火山島で山がちである。貿易風の影響を受けて、風上斜面は雨量が多く森林に覆われている。低地の肥沃(ひよく)な土壌を利用し、輸出用のサトウキビ、バナナ、スパイス、カカオが栽培される。もっとも重要な産業は観光である。[菅野峰明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウィンドワード諸島の関連キーワードセントビンセントおよびグレナディン諸島セント・ビンセント・グレナディーンズピトンズウィンドワード[諸島]フォール・ド・フランス小アンティル[諸島]トリニダード・トバゴセント・ジョージズリーワード[諸島]セント・ジョージズロゾー(ドミニカ)マルティニク[島]フォールドフランス西インド[諸島]西インド諸島連邦セントジョージズリーワード諸島キングズタウンキングスタウン西インド諸島

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android