コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェストミンスター City of Westminster

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェストミンスター
City of Westminster

イギリスイングランド南東部,グレーターロンドンを構成する 33地区の一つ。内部ロンドンに属する区で,ロンドン市(シティ)の西に接し,テムズ川左岸に位置する。ウェストエンドの中心地でグレーターロンドンのなかで最も裕福な地区。名称は西の修道院 western monasteryの意で,785年頃に修道院が存在しており,そこにエドワード王(在位 1042~66)がウェストミンスター寺院の前身となる聖堂を建造した。中世以来,商業中心地のシティに対し,行政中心地として発展した。イギリス国会議事堂など多くの官公庁,バッキンガム宮殿ナショナル・ギャラリー,マダム・タッソーろう人形館などがあるほか,セントジェームズパーク,ハイドパークなどの有名な公園もある。面積 21km2。人口 18万1286(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ウェストミンスター

ロンドンの中央部を構成する一区。シティの南西に接し,テムズ川北岸にある。名称は〈西の修道院〉West Minsterに由来。ウェストミンスター・アベーバッキンガム宮殿,国会議事堂,政府各省などがあり,東の経済中心地シティに対して宗教上,政治上の中心。
→関連項目スコットランド・ヤードロンドン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウェストミンスター【Westminster】

イギリスの首都大ロンドンを構成する32区の一つ。公式にはウェストミンスター市。人口18万9000(1993)。テムズ川の北岸に位置し,西のケンジントン・チェルシー,東のシティとともに,現在のロンドンの中心を形づくっている。元来は沼沢地であったが,11世紀ここにエドワード懺悔王が〈ウェストミンスター(西の修道院)〉を建てたのが,地名の起源。これがウェストミンスター・アベーとして発展し,また同じエドワード懺悔王によって宮殿も建てられ,のちに議会がそのセント・スティーブン礼拝堂St.Stephen’s Chapelで開かれるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ウェストミンスター【Westminster】

◇ ロンドン市の都心部の一地区。テムズ川北岸に位置し、国会議事堂・ウェストミンスター寺院・バッキンガム宮殿などが集中する。
「ウェストミンスター寺院」の略。
ウェストミンスター寺院の鐘の音を模したチャイム。学校・会社などの報時用に愛用される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウェストミンスター
うぇすとみんすたー
City of Westminster

イギリスの首都大ロンドンの区の一つ。正式にはシティ・オブ・ウェストミンスターとよばれる。面積約21平方キロメートル、人口18万1279(2001)。東のシティ・オブ・ロンドンがイギリスの金融・貿易の中心であるのに対し、ウェストミンスターは政治の中心である旧ウェストミンスター地区と、商業・サービス業が集まるウェスト・エンド地区とからなる。旧ウェストミンスター地区には19世紀ごろから、裁判所、議会、中央官庁が集まり、イギリスの国政の中心となっている。ナショナル・ギャラリー、ロイヤル・アルバート・ホール、コベント・ガーデン劇場などの文化施設や、バッキンガム宮殿、ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター寺院、聖マーガレット教会など由緒ある建築物のほか、レストランやホテル、劇場、各種商店が集中し、四季を通じて観光客が絶えない。なお、ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター寺院、聖マーガレット教会は1987年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[井内 昇]

歴史

旧ウェストミンスター地区は、古くはソーニー島とよばれるテムズ川左岸の島で、その西は沼沢地であった。ウェストミンスター寺院は、604年ごろエセックスのサエベルフト王がその島にセント・ピーター教会を建てたことに由来する。デーン人の侵入による破壊ののち、10世紀の修道院復興時代に、951年エドガー王がベネディクト派修道院として復興した。11世紀前半にクヌート王が修道院近くに宮殿を建てたが、エドワード懺悔(ざんげ)王の時代に、修道院と宮殿を壮大に改築して以来、この地がイギリス国政の中心となった。ノルマン・コンクェスト(1066)ののち、ウィリアム1世がこの修道院で戴冠(たいかん)式をあげて以来、歴代イギリス王の戴冠式の場となった。ウィリアム2世が建てた宮殿のホールは重要な法廷の場となり、リチャード2世の退位、トマス・モア、チャールズ1世の処刑などの宣告が行われた。13世紀ごろから修道院の聖体容器礼拝堂が国庫収納所となり、僧会堂が庶民院の場となったが、1512年宮殿の火災後、宮殿は王宮として用いられなくなり、庶民院を宮殿の一室に吸収して宮殿が議会議事堂となった。修道院は、ヘンリー3世以後の王の墓所でもあったが、1539年ヘンリー8世の修道院解散によって修道院の所領は没収された。ハイド・パーク、セント・ジェームズ・パークは彼によって王の狩猟地として開かれた旧修道院領。彼がセント・ジェームズ宮殿を王宮としたころから政府高官も周辺に邸宅を構えるようになった。バッキンガム宮殿はビクトリア女王以後の王宮である。[富沢霊岸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウェストミンスターの関連キーワードウェストミンスター宮殿,ウェストミンスター寺院及びセント・マーガレット教会ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター大寺院及び聖マーガレット教会ウェストミンスター・スクールウェストミンスター信仰告白セント・マーガレット聖堂ウェストミンスター協約ウェストミンスター標準ウェストミンスター会議ウェストミンスター法律エリザベス[ヨーク]イギリスの国会議事堂トラファルガー広場ジョージ マルコムシェーマーケルスコベントガーデンイギリス自治領ハイド・パークトリフォリウムランス大聖堂ダウニング街

ウェストミンスターの関連情報