コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォルソー ウォルソー Worsaae, Jens Jacob Asmussen

3件 の用語解説(ウォルソーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォルソー
ウォルソー
Worsaae, Jens Jacob Asmussen

[生]1821.3.14. バイル
[没]1885.8.15. コペンハーゲン
デンマークの考古学者。 C.トムセン三時期法をさらに精密化,体系化した。また貝塚自然現象でも居住地でもなく,居住地に伴う食物のごみ捨て場であることを実証した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ウォルソー【Jens Jakob Asmussen Worsaae】

1821‐85
デンマークの考古学者。年少時からC.J.トムセンの薫陶をうけ,師の三時代法(石器・青銅器鉄器時代)を理論的に深め,遺物そのものでなく,遺跡の時代区分にそれを適用した。貝塚を住民のごみ捨場として実証したのもこの方法の成果である。【熊野 聰】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウォルソー
うぉるそー
Jens Jacob Asmussen Worsaae
(1821―1885)

デンマークの考古学者。王立北方古物博物館長、国立歴史博物館長、文部大臣などを歴任した。少年時代より古代遺物に興味をもち、北方古物博物館長であったトムセンの弟子となった。早くからドルメン(巨石記念物の一つ)が墳墓であるとの創見を示し、また自然の堆積(たいせき)とされていた貝塚が人為的なものであることを明らかにした。彼はヨーロッパ考古学界の発展を推し進めるとともに、歴史的記念物の監督者として、その保護、啓蒙(けいもう)にも手腕を発揮した。[植山 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウォルソーの関連キーワード3倍体魚エヌバイバイ三角数バイオ電池モバイル広告モバイルPCモバイル端末バイエライトDiaz de la Peña,N.

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウォルソーの関連情報