コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォルソー Worsaae, Jens Jacob Asmussen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォルソー
Worsaae, Jens Jacob Asmussen

[生]1821.3.14. バイル
[没]1885.8.15. コペンハーゲン
デンマークの考古学者。 C.トムセン三時期法をさらに精密化,体系化した。また貝塚が自然現象でも居住地でもなく,居住地に伴う食物のごみ捨て場であることを実証した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウォルソー【Jens Jakob Asmussen Worsaae】

1821‐85
デンマークの考古学者。年少時からC.J.トムセンの薫陶をうけ,師の三時代法(石器・青銅器・鉄器時代)を理論的に深め,遺物そのものでなく,遺跡の時代区分にそれを適用した。貝塚を住民のごみ捨場として実証したのもこの方法の成果である。【熊野 聰】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウォルソー
うぉるそー
Jens Jacob Asmussen Worsaae
(1821―1885)

デンマークの考古学者。王立北方古物博物館長、国立歴史博物館長、文部大臣などを歴任した。少年時代より古代遺物に興味をもち、北方古物博物館長であったトムセンの弟子となった。早くからドルメン(巨石記念物の一つ)が墳墓であるとの創見を示し、また自然の堆積(たいせき)とされていた貝塚が人為的なものであることを明らかにした。彼はヨーロッパ考古学界の発展を推し進めるとともに、歴史的記念物の監督者として、その保護、啓蒙(けいもう)にも手腕を発揮した。[植山 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウォルソーの関連キーワードピーター マッケナリー国民の創生ジェローム

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android