コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォロフ王国 ウォロフおうこく

世界大百科事典 第2版の解説

ウォロフおうこく【ウォロフ王国】

西アフリカの現在のセネガルの地に,14世紀ころから16世紀半ばまで存在した古王国。現在はセネガルをおもな居住域とするウォロフWolof族も,その祖先はかつてのガーナ王国,つまり現在のモーリタニアからマリにかけて多く住んでいた。11世紀ころ,ムラービト朝によってイスラム教がもたらされると,それを嫌ってセネガルへと南下したものと思われる。口誦伝承によると,部族としてまとまりをもったウォロフ族の始祖はヌジャージャン・ヌジャイという人物とされ,彼以降,国の統一が進んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のウォロフ王国の言及

【セネガル】より

…正式名称=セネガル共和国République du Sénégal面積=19万6712km2人口(1996)=853万人首都=ダカールDakar(日本との時差=-9時間)主要言語=フランス語,ウォロフ語通貨=CFAフランFranc de la Communauté Financière Africaine西アフリカの西端に位置する共和国。西は大西洋に面し,北はセネガル川でモーリタニアと接し,東はその支流ファレメ川がほぼマリとの国境をなしている。…

※「ウォロフ王国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ウォロフ王国の関連キーワード大西洋奴隷貿易