ウッドランド文化(読み)ウッドランドぶんか(英語表記)Woodland culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウッドランド文化
ウッドランドぶんか
Woodland culture

北アメリカ,オハイオ川流域を中心として紀元前後 500年ぐらいの間に存在した文化。とうもろこし耕作が重要な生業となっており,これを基礎としてある程度の階級分化が行われていた。墓はかなり大きな封土の中に造られていたが,地方によって若干の変化がある。土器もつくられ,織物も織られた。これらの生活技術の多くは周囲の地域からもたらされたものと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウッドランドぶんか【ウッドランド文化】

北アメリカ東部の前1000年から後700年に年代づけられる先史時代文化の総称。縄目文と布目文をほどこしたウッドランドWoodland土器,埋葬用マウンド(塚)などの土木工事,農耕の実施に特徴づけられる。ベリアル・マウンド文化ともよばれる。アーケイック文化についで,東部森林地帯に発展した文化で,メソアメリカから伝播したと考えられるトウモロコシを主体とする農耕を実施した。蛇や鳥をかたどった埋葬用マウンド(エフィジー・マウンド)や土塁などもみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android