コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウファ ウファUfa

5件 の用語解説(ウファの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウファ
ウファ
Ufa

ロシア西部,バシコルトスタン共和国の首都。ウラル山脈南部西麓,ウファ川とジョーマ川がベーラヤ川に流入する地点にある。 1574年要塞がつくられ,86年市となった。ロシア革命前は農産物加工の小工場があっただけであるが,革命後ボルガウラル油田の開発と相まって工業が急速に発展した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ウファ

ロシア,バシコルトスタン共和国(旧バシキール自治共和国)の主都。ウラル山脈南部の西麓,ベラヤ川に面する河港で鉄道の連絡点。機械(とくに航空機エンジン),製油,食品加工などの工場がある。
→関連項目バシコルトスタン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウファ【Ufa】

ロシア連邦西部,バシコルトスタン共和国の首都。人口110万1000(1993)。ウラル山脈南部の西麓,ベラヤ川とウファ川の合流点に位置する工業都市で鉄道の要衝。1574年に設置されたロシアの要塞に起源をもち,以後,中央部ロシアからシベリアへの経由地として発展。1917年十月革命に続く内戦の激戦地としても有名。現在はロシア最大の石油精製,航空機エンジン製造等重化学工業の中心地。歴史的にロシアのイスラム教徒の一中心地でもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ウファ【Ufa】

ロシア連邦、バシコルトスタン共和国の首都。ウラル山脈の南西部に位置し、石油化学・機械・製材などの工業が発達。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウファ
うふぁ
Уфа Ufa

ロシア連邦西部、バシコルトスタン共和国の首都で、ウラルの重工業都市の一つ。ウラル山脈南部の西斜面、ウファ川とジョーマ川がベーラヤ川に流入する地点にある。人口108万8900(1999)。ロシア革命(1917)後のウラル・ボルガ油田の開発とともに、工業が急速に発達した。バシコルトスタン共和国の工業生産の約40%を占め、石油・天然ガス採取工業用機械・設備、自動車用エンジン、地球物理測定器具製作、ケーブル電話機、電気工業設備などの工業がある。このほか、近郊のツイマズ、イシムバイや西シベリアの各地から送られてくる石油の精製、石油化学合成ゴムエチルアルコールフェノールポリエチレンなど)、食品(製粉、食肉缶詰)、木材加工(家具、パネル)、繊維、縫製などの各種工業が発達している。
 市の起源は1574年に要塞(ようさい)がつくられたことに始まり、1886年に市となった。17世紀には、ロシア中部からシベリアへ至る交通路上の大商業中心地であった。1788年、全ロシアのイスラム教徒の宗教中心地となり、19世紀後半より工業が発展した。現在、バシコルトスタン共和国の教育・文化の中心として、総合大学があるほか、石油、航空、医科、農業、芸術、教育の諸大学、ロシア科学アカデミー・バシコルトスタン支部の各種研究所、民族詩人マジト・ガフリ博物館、バシコルトスタン劇場、ロシア劇場、人形劇場、サーカス場、郷土博物館などの施設や交響楽団がある。市域はベーラヤ川右岸に沿って40キロメートル以上も延び、左岸にも拡大している。鉄道、ハイウェー、石油・ガスパイプラインの分岐点で、河港、空港がある。[中村泰三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のウファの言及

【バシコルトスタン[共和国]】より

…面積14万3600km2,人口400万8000(1992)。首都ウファ。ボルガ川とウラル山脈の間に位置し,西部でタタールスタン共和国,ウドムルト共和国に,東はチェリャビンスク州,南はオレンブルグ州に接している。…

※「ウファ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウファの関連情報