コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウメバチソウ(梅鉢草) ウメバチソウParnassia palustris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウメバチソウ(梅鉢草)
ウメバチソウ
Parnassia palustris

ユキノシタ科の多年草で,山地や高原の日当りのよい湿地に生える。根茎は短く,長い葉柄をもつ根出葉を密につける。葉は径1~3cmのハート形。8~10月頃,根茎から数本の花茎を出し,先端に1個ずつ白い花をつける。花茎には無柄で卵形茎葉が1枚つく。花は萼片,花弁各5枚,おしべ5本,子房は球形で花柱は4本に分れる。花の形が梅鉢の紋に似ているのでこの名がある。近縁のものには花弁の縁が糸状に深く裂けたシラヒゲソウ高山帯に生えるやや小型のヒメウメバチソウなどがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ウメバチソウ(梅鉢草)【ウメバチソウ】

ユキノシタ科の多年草。北海道〜九州の低山〜高山の日当りのよい湿地にはえ北半球の温帯〜寒帯に広く分布する。根出葉は数枚つき,円心形で長い柄がある。夏〜秋に高さ10〜30cmの花茎を出し,1枚の葉と1花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウメバチソウ【ウメバチソウ(梅鉢草) (common) grass‐of‐Parnassus】

山地の日当りのよい湿地に生えるユキノシタ科の多年草で,高山に多い(イラスト)。花の形が紋章の梅鉢紋に似ているので,この和名がつけられた。数枚の根出葉には長い柄があり,葉身は円心形で先がややとがり,掌状の脈がある。夏から秋にかけて,高さ10~45cmの花茎が1~数本直立し,先端に1個の白い花をつける。花茎の中部には1枚の無柄の葉があり,葉身の基部は多少,花茎を抱いている。花の直径は2~2.5cm。緑色の萼裂片と白色の花弁は5枚ずつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android