コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルク文化 ウルクぶんか

百科事典マイペディアの解説

ウルク文化【ウルクぶんか】

メソポタミア南部におけるシュメール文明最大の都市遺跡であるウルクUrukのエアンナ地区14層〜6層(ウルク期)を標準とする前5千年紀後半〜前4千年紀中ごろの文化。
→関連項目テル・サラサート粘土板文書

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウルクぶんか【ウルク文化】

南メソポタミアにおいてウバイド期(ウバイド文化)に続く前5千年紀後半から前4千年紀中ごろまでの文化。シュメール都市ウルクの中心にあるエアンナEanna地区のXIV~IV層を標式とする。ウルクは1辺約2.5kmの不整方形の城壁で囲まれ,神殿や宮殿などの建造物,個人の家,墓地と田園がそれぞれ3分の1を占めていたと推測される。シュメール王名表に5回登場し,その第1王朝5代目には英雄叙事詩で有名なギルガメシュが王としてみえる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ウルク文化の関連キーワードジッグラト円筒印章石製容器

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android