コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルマン ウルマンWoolman, John

3件 の用語解説(ウルマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルマン
ウルマン
Woolman, John

[生]1720.10.19. ニュージャージー,アンコーカス
[没]1772.10.7. イギリスヨーク
アメリカクェーカー伝道者。正規の教育は受けず,仕立屋をはじめさまざまな仕事をしながら,諸処を遍歴して説教した。奴隷制度に反対する『黒人所有に関する考察』 Some Considerations on the Keeping of Negroes (1754,1762) をはじめ多くの著作があるが,彼が 36歳から死ぬまで書き続けた『日記』 Journal (1774) は,当時の宗教生活の記録として,また精神的自伝として重要。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ウルマン
ウルマン
Ullmann, Liv

[生]1939.12.16. 東京,東京
ノルウェーの女優。フルネーム Liv Johanne Ullmann。飾らない美しさと知性,陰影に富んだ演技で知られ,スウェーデン映画監督イングマール・ベルイマンの作品に数多く出演している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウルマン【John Woolman】

1720‐72
アメリカのクエーカー派伝道者。ニュージャージーの信仰厚い家庭に生まれ,青年時代からクエーカーとして各地に伝道旅行をした。主著《日記Journal》(1774)には,少年時代のことも付記されていて,一種の自伝にもなっており,当時出版された多くのクエーカー教徒の日記の白眉であり,またアメリカ日記文学の古典である。彼が信仰上の良心の声に従い,奴隷解放,戦争反対,労働者の待遇改善などの社会改革に挺身した事情は,前記《日記》に克明に記されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ウルマンの関連キーワードバロック音楽徴用された朝鮮人らの遺骨問題江戸木遣り唄伊孚九蝦夷志王鳴盛サボイア家藤井右門間部詮房サボイ宮殿

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウルマンの関連情報