コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルメイワシ ウルメイワシ Etrumeus teres

5件 の用語解説(ウルメイワシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルメイワシ
ウルメイワシ
Etrumeus teres

ニシン目ニシン科の海水魚。全長約 30cm。体は円筒形で,背部は暗青色,腹部は銀白色。鱗は円鱗ではがれやすく,側線はない。沿岸性回遊魚(→回遊)。産卵期には湾内に入り産卵するため,沿岸漁業で多く捕獲される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウルメイワシ

単にウルメとも。ウルメイワシ科の魚。地方名ダルマイワシドンボなど。全長30cmになり,本州中部以西に多く,台湾近海にも分布する。外洋性だが,晩春の産卵期には岸に近づく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ウルメイワシ

 [Etrumeus teres].マイワシ,カタクチイワシとともにイワシと呼ばれる魚の一種で,体長20cm以上になり,広く食用とされる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ウルメイワシ【big‐eye sardine】

ニシン目ニシン科の海産魚(イラスト)。高知でマウルメ,新潟でダルマイワシ,富山でドンボなどと呼ばれている。マイワシよりも大型で全長約30cmになり,背は鮮やかな暗青色で下半部は銀白色,体側に黒点がない。背びれが腹びれよりもはるかに前方にあることでマイワシやカタクチイワシと区別される。また,成魚では体の断面が円形に近くなる。このため英名ではこの属の魚をround herringという。うろこは円鱗で腹部に稜鱗がない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウルメイワシ
うるめいわし / 潤目鰯
round herringbig-eye sardine
[学]Etrumeus teres

硬骨魚綱ニシン目ニシン科に属する海水魚。北海道以南の日本各地および朝鮮半島、中国、オーストラリア南アフリカなどに分布する暖海性の沿岸回遊魚。全長30センチメートルに達し、体は側扁(そくへん)せず円筒形で、腹縁は丸く目は比較的大きく脂瞼(しけん)があり、死後の目の状態がどんよりしているのでこの名がある。産卵場は太平洋側では宮城県仙台湾以南、日本海側では秋田県以南の沿岸水域で、産卵期は11月から翌年6月ごろまでで、南方海域は北方海域よりも早く、期間も長い。巻網、揚繰(あぐり)網、棒受(ぼうけ)網、多鉤(たこう)釣りなどで漁獲され、日本全国で1年間にほぼ3~5万トンの比較的安定した漁獲がある。鮮魚で消費されるほか、塩干品として加工される(土佐ウルメなど)。近年、本種を含めてイワシ類を原料とした赤身魚肉の練り製品が開発されている。[浅見忠彦]
 熊本地方ではオオメイワシ、富山地方でトンボとよんでいる。高知地方ではマイワシもウルメイワシも区別しないでウルメイワシといっているが、とくに区別するときは、ウルメイワシをホンウルメ、マイワシをヒラゴといっている。なお、ウルメイワシは腹を開くと白色であるが、マイワシは黒いから両者の区別はすぐわかる。ウルメイワシはなまのままより干したほうが味がよくなるが、なまのウルメイワシは塩焼きにするほか、蒸して干し上げたものはウルメ節といい、サバ節などと同じように調味料として用いる。[多田鉄之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウルメイワシの言及

【イワシ(鰯∥鰮)】より

… カタクチイワシEngraulis japonica(イラスト)はマイワシよりやや小型で,下あごが上あごより著しく短く名まえの由来となっている。ウルメイワシEtrumeus teres(イラスト)はマイワシよりやや大型になり,胴は丸みを帯びており体側には黒い点がない。やや沖合に生息する傾向がある。…

【イワシ(鰯∥鰮)】より

…ニシン目ニシン科のマイワシ,ウルメイワシ科のウルメイワシとカタクチイワシ科のカタクチイワシの総称,またはこれらに近縁種を含めたものの総称。なかでも代表的なものはマイワシである。…

※「ウルメイワシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウルメイワシの関連キーワードコノシロマイワシオキイワシ真鰯キグチメンヘーデンキビナゴ(黍魚子∥吉備奈仔)サッパ(拶双魚)ニシン(鰊∥鯡∥春告魚)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウルメイワシの関連情報