ウンブリア(英語表記)Umbria

翻訳|Umbria

大辞林 第三版の解説

ウンブリア【Umbria】

イタリア中部、テベレ川上流域を占める内陸部の州。州都ペルージア。古代ウンブリア人の居住地で、紀元前三世紀にローマに併吞された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウンブリア
うんぶりあ
Umbria

イタリア中部の州。面積8456平方キロメートル、人口81万5588(2001国勢調査速報値)。ペルージアとテルニの2県からなり、州都はペルージア。ウンブリア‐マルケ・アペニン山脈の西側斜面に広がり、全面積の71%は丘陵地、残りの29%は山地である。テルニの製鉄とペルージアの食品以外に特記すべき工業はなく、農業も概して伝統的な生産方法で営まれている。観光業も、受け入れ体制の未整備もあり、十分に発展を遂げていない。[堺 憲一]

歴史

古代のウンブリア地方は現在と違って、西はエトルリアと境を接しテベレ川でくぎられ、東はアドリア海まで延びていた。したがって現在はウンブリアに属するペルージアやオルビエートは、古代にはエトルリアの都市であった。ウンブリアは紀元前1世紀初頭ローマに併合され、西ローマ帝国が滅亡した(476)のちはビザンティン帝国、ランゴバルド王国に占領され、8世紀フランク王国がこれを教皇に献呈し、教会領となった。当地では中世を通じて自治都市が栄え、ペルージアがその最大の勢力であり、15~16世紀アッシジとともに美術の中心地となった。ウンブリアは1809年フランスに併合されたが、1814年ふたたび教会領に復し、1860年そのイタリア王国への併合が議決された。[平田隆一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウンブリアの関連情報