エイヤーワディ川(読み)エイヤーワディがわ(英語表記)Ayeyarwady; Ayeyarwaddy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エイヤーワディ川
エイヤーワディがわ
Ayeyarwady; Ayeyarwaddy

チベット高原東端に源を発し,ミャンマー中央部を南流してアンダマン海に注ぐ川。イラワジ川 Irrawaddyとも呼ばれる。ミャンマー領内の本流部分は全長 2170km,流域面積 41万km2。本流はミャンマーの北端部カチン州と中国との国境付近からカチン高原を流れ,ミッチーナーバモーを経てマンダレーにいたり,パコック付近でチンドウィン川と合流する。下流では三角州を形成し,網の目状に河川が分流している。上流は人口希薄なカチン高原,森林地帯を縫う急流であるが,中流は中部ミャンマー一帯の農業,運輸に大きな役割を果たす。三角州は 20世紀初頭から開発が進み,ミャンマー最大の米作地で,同国の生産量の約 70%を産する。6~10月の雨季にはほぼ中流まで水位が上がり,三角州では大部分が水没する。鉄道とともにミャンマーの交通の幹線となっており,上流はバモーまで貨客定期船が運航している。政府直営の内陸水運公社が河川運輸を管理しており,木材運搬船の航行と,チャウイェーナンジャウンの油田からの石油輸送などを担っている。下流では運輸,交通網の整備や淡水漁業の開発がなされ,中流では灌漑などの開発が進められている。支流のムー川では 1965年から,ムー川総合開発計画が着工され,灌漑や,水力発電所,多目的ダムの建設などが行なわれている。支流のチンドウィン川は,インドのアッサム州との国境沿いの丘陵地帯を流れ,流域の生活,経済に大きな役割を果たしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android