コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エクセドラ エクセドラ exedra

3件 の用語解説(エクセドラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エクセドラ
エクセドラ
exedra

建築用語。本来は脇につけられた座席の意。古代では住居の談話室,ヘレニズム神殿の中庭や公共建築として用いられたバシリカの端部に半円形に突き出した部分をさし,そこに腰掛が配されたことからこの名称が生れた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エクセドラ(〈ラテン〉exedra)

散歩者の休息用などに設けた半円形の階段状座席。
ギリシャ・ローマ時代に、列柱廊内部に三方にめぐらした壁に沿ってベンチを配した部屋。
初期キリスト教教会堂東端部の、半円形の高位聖職者席。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エクセドラ【exedra】

本来は,古代ギリシアローマ建築で,室内の一隅,ないし庭に面して外に張り出した部分などにおかれる談話席,ややおくれて教会堂内陣の聖職者席を指したが,ルネサンス以後,とくに大きく半円形にくぼんだ壁面,ニッチの巨大なものを指すようになった。こうした巨大なニッチは,帝政期ローマバシリカフォルムなどに見られ,内部空間に方向性を与える手法であったと思われるが,近世ヨーロッパの建築家たちはエクセドラに儀式的,演劇的な特質を見いだし,壮大な都市空間の演出のために用いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エクセドラの関連キーワードアイネイアスエンタブラチュア金石学古典古代ローマ建築ギリシャ文字京都ギリシアローマ美術館ギリシア喜劇《古代ギリシア作家叢書》古代ギリシア文字譜

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone