コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エクルズ エクルズ Eccles, Henry

6件 の用語解説(エクルズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エクルズ
エクルズ
Eccles, Henry

[生]1670頃.ロンドン
[没]1742頃.パリ
イギリスバイオリニスト。 1674年から 1710年までイギリス王室楽団の一員,のちパリに移る。『バイオリン・ソナタ集』 (1720) によって知られる。日本では,エックレスと呼ばれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

エクルズ
エクルズ
Eccles, Sir John Carew

[生]1903.1.27. メルボルン
[没]1997.5.2. スイス,テネロ・コントラ
オーストラリアの生理学者。メルボルン大学卒業 (1925) 後,オックスフォード大学留学。ニュージーランドオタゴ大学教授 (44~51) 。オーストラリア国立大学教授 (51~66) 。ニューヨーク州立大学医学部教授 (68~75) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エクルズ

オーストラリアの神経生理学者。オーストラリア国立大学教授。電気生理学的手法によってシナプスにおける情報伝達機構の解明に努力。1963年ノーベル生理医学賞。1966年以降米国に在住。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

エクルズ【John Eccles】

1668ころ‐1735
イギリスの作曲家。エクルズ家は音楽家一族として知られ,ジョンビオラ教師の父ソロモンSolomon E.(1618‐83)から音楽教育を受け,20代半ばからロンドンで劇音楽の作家として活動を始めた。ことに女優アンヌ・ブレースガードルのために書いたいくつかの作品が好評を博し,やがて新興の劇団リンカン・イン・フィールズの座付音楽家となって,《軍神マルスビーナスの恋》《アシスガラテア》など,相次いで作品を発表。

エクルズ【John Carew Eccles】

1903‐97
オーストラリアの神経生理学者。メルボルン大学を卒業後,オックスフォード大学のシェリントンC.S.Sherringtonのもとに留学し,神経生理学を研究した。その後,オーストラリア,ニュージーランドを経て1968年にはニューヨーク州立大学教授としてアメリカに渡った。はじめ,当時の電気生理学の研究伝統のもとに,とくにシナプスにおける情報伝達機構を研究,化学伝達概念に反対したが,1945年以降は逆にこの概念を用いて興奮性のみならず抑制性の伝達機構をも解明しようとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エクルズ
えくるず

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エクルズの関連キーワードオーストラリア亜区西オーストラリア南オーストラリアメルボルンセントラルメルボルンカップメルボルン交響楽団メルボルンマラソンオーストラリア・バレエ団クックスコテージメルボルンの王立植物園

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone