コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゴノキ科 エゴノキかStyracaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エゴノキ科
エゴノキか
Styracaceae

双子葉植物カキノキ目の1科。北半球の温帯を中心に 12属 180種ほどを含む木本科。日本などアジア東部と,北アメリカ東南部,メキシコから南アメリカ熱帯へかけてが分布の中心であるが,地中海地域にもただ1種が分布する。葉は互生し単純形で全縁,しばしば葉面に星状毛を密につける。葉腋から総状花序を垂らし,合弁花冠をもつ。通常は放射相称両性花をつける。花冠は5 (ときに4) 裂し,萼裂片も同数おしべも同数またはその2倍である。果実は核果で1~数個の種子がある。日本にはエゴノキ Styrax,アサガラ Pterostyraxの両属数種がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エゴノキ科
えごのきか
[学]Styracaceae

双子葉植物、合弁花類。落葉または常緑の低木または高木。全体に星状毛がある。葉は単葉で全縁または鋸歯(きょし)がある。花は両性で多くは5数性。花冠は放射相称。雄しべは花冠裂片の2~4倍、花糸の下部は合着して筒をつくる。子房は上位または中位。3~5室に分かれ、各室1個ないし数個の胚珠(はいしゅ)がある。果実は永存性の萼筒(がくとう)に包まれた核果または(さくか)。おもに東アジア、アメリカの熱帯から温帯に分布し、11属150種ほど知られ、日本にはエゴノキ属3種、アサガラ属2種が野生する。香料とされる安息香(あんそくこう)の原料はエゴノキ属の植物である。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エゴノキ科の関連キーワードハクウンボク(白雲木)アサガラ(麻殻)アンソクコウノキウメエダシャクコハクウンボクハクウンボク麻殻・白辛樹安息香の木チシャノキ小白雲木大葉麻殻大葉萵苣アサガラえごのき野茉莉斎墩樹白雲木安息香斎墩果座頭杖

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android