コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゴノキ科 エゴノキか Styracaceae

2件 の用語解説(エゴノキ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エゴノキ科
エゴノキか
Styracaceae

双子葉植物カキノキ目の1科。北半球の温帯を中心に 12属 180種ほどを含む木本科。日本などアジア東部と,北アメリカ東南部,メキシコから南アメリカ熱帯へかけてが分布の中心であるが,地中海地域にもただ1種が分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エゴノキ科
えごのきか
[学]Styracaceae

双子葉植物、合弁花類。落葉または常緑の低木または高木。全体に星状毛がある。葉は単葉で全縁または鋸歯(きょし)がある。花は両性で多くは5数性。花冠は放射相称。雄しべは花冠裂片の2~4倍、花糸の下部は合着して筒をつくる。子房は上位または中位。3~5室に分かれ、各室1個ないし数個の胚珠(はいしゅ)がある。果実は永存性の萼筒(がくとう)に包まれた核果または(さくか)。おもに東アジア、アメリカの熱帯から温帯に分布し、11属150種ほど知られ、日本にはエゴノキ属3種、アサガラ属2種が野生する。香料とされる安息香(あんそくこう)の原料はエゴノキ属の植物である。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エゴノキ科の関連キーワードカキ(柿)北半球双子葉植物単子葉植物油菜浜靫金鳳花双子葉類カバノキ[科]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エゴノキ科の関連情報