コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エチルセルロース

百科事典マイペディアの解説

エチルセルロース

セルロース誘導体の一種で,プラスチック,ラッカーワニス接着剤,透明シートに使われる。広い温度にわたって強度と可撓(かとう)性を保持する熱可塑性プラスチックであり,押出成形射出成形で成形される。
→関連項目セルロースラッカー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エチルセルロース【ethyl cellulose】

セルロース誘導体の一種で,プラスチック,ラッカー,ワニス,接着剤,透明シートに使われている。広い温度にわたって強度と可撓性を保持する熱可塑性プラスチックであり,押出成形や射出成形で成形される。コットンリンター木材パルプ水酸化ナトリウムと反応させてアルカリセルロースとし,その水酸基塩化エチルによってエーテル化して作る。置換度によって諸性質が異なり,高置換度になるにつれて多種類の溶媒可溶となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エチルセルロース
えちるせるろーす
ethyl cellulose

エチル繊維素ともいう。セルロースのヒドロキシ基-OHをエチルエーテル化したセルロースエーテルのことをいう。無臭の白色固体。セルロースに水酸化ナトリウム溶液を作用させて得たアルカリセルロースに、不均一のまま硫酸ジエチル、クロロエタンなどのエチル化剤を反応させると得られる。
 エチルエーテル化される度合い(置換度)により性質の異なるものができる。置換度が大きくなるほど、有機溶媒に溶けやすくなる。耐水、耐光、耐薬品など安定性に優れているため、ヘルメット、工具の柄(え)、ラッカー、インク、フィルムなどに用いられる。[谷利陸平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エチルセルロースの関連キーワードイオン交換セルロースジオキサン

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android