コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エッケルト Eckert, Franz von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エッケルト
Eckert, Franz von

[生]1852.4.5. シュレジエン,ノヒロート
[没]1916.8.6. ソウル
ドイツの音楽教師。音楽学校を卒業,ドイツ陸軍,次いで海軍の各軍楽隊に所属。 1879年3月日本政府に招聘され,海軍省軍楽教師として着任。翌 80年「君が代」を編曲。のち,陸軍省宮内省にも兼任,さらに,唱歌編纂にも協力した。 1900年頃辞任,帰国して,プロシア王室楽長に任じられた。 10年李氏朝鮮王家から楽長として招聘され,病没するまで在勤した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エッケルト(Franz Eckert)

[1852~1916]ドイツ軍楽隊指揮者・作曲家。明治12年(1879)来日。海軍軍務局で軍楽隊の指導・養成に当たった。また、伊沢修二に協力して、日本の音楽教育に多大な貢献をした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

エッケルト Eckert, Franz von

1852-1916 ドイツの音楽家。
1852年4月5日生まれ。明治12年(1879)海軍軍楽隊教師として来日,ドイツ式軍楽を教授。13年「君が代」を吹奏楽用に編曲した。のち音楽取調掛教師を兼務。21年宮内省雅楽課専任となる。32年帰国。1916年8月6日死去。64歳。作品に「哀の極」(英照皇太后大葬奉送曲)など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

エッケルト

没年:1916.8.6(1916.8.6)
生年:1852.4.5
明治期のお雇い外国人。ドイツのシレジア(現ポーランド)地方生まれ。海軍の軍楽隊長だった明治12(1879)年3月29日に来日,翌日に海軍軍楽教師に就任。16年から19年には音楽取調掛(東京芸大音楽学部),20年から宮内省式部職の各教師を兼任。22年に海軍を満期解任となり,23年から27年には陸軍嘱託教師。28年から再び海軍の嘱託教師となり,32年3月に満期解任,翌月帰国した。2年後に朝鮮の宮廷音楽教師となり,ソウルで死亡。文字通り日本の洋楽の育ての親で,「君が代」の雅楽調旋律を現在のように和声付けしたことで知られ,皇族などの葬送曲「哀の極」ほか多数の作品がある。

(増井敬二)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

エッケルト【Franz Eckert】

1852~1916) ドイツの音楽家。海軍軍楽隊教師として来日。文部省音楽取調掛で教鞭をとり、文部省の小学唱歌集編集顧問などを務めた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

エッケルトの関連キーワードドヴォラヴィッチ G.おもなお雇い外国人君が代・君が世エケルト図法中村 祐庸瀬戸口藤吉中村祐庸芝 葛鎮上 真行工藤貞次音楽家没年教鞭

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android